人気ブログランキング |

タグ:強い雨 ( 3 ) タグの人気記事

深い気圧の谷に伴う暖気移流と強い雨(積乱雲)


【2008年10月24日12時39分】
@東京都目黒区
強い雨
厚い雲が全天を覆って、全体的に暗くなっている。その雲から粒の大きい激しい雨が降っている。一部に雲の色の濃い部分があるが、このちぎれ雲は南から北へ速い速度で移動している。
午後12時現在、大手町では気温22.4℃、南の風3m/s、湿度85%

午前9時現在、紀伊半島南部には前線を伴った低気圧があって東北東へ進んでいる。また、沿海州にも低気圧があり中心から延びる温暖前線が津軽海峡付近、寒冷前線が山陰沖に達している。他、アムール川中流付近とバイカル湖の東にも低気圧があり、日本付近はこれらを結ぶ深い気圧の谷の中に入っている。一方、黄河中流付近には高気圧があって東南東へ移動している。

午後12時半現在は、日本付近の2つの低気圧に伴う雲域は東日本に移ってきている。このうち、雲頂高度が高くて発達した雲は日本海北部から北海道と三陸沖、また東北地方南部の太平洋側から関東地方、東海地方と紀伊半島付近に延びている。また、東北地方から近畿地方の日本海側にある雲は雲頂高度が低く、大部分が下層雲で構成されている。西日本はこれらの雲が遠ざかり日本海側では下層の積雲、四国から九州南部にかけては薄い上層雲がかかっている。この時間の雨は私のいる東京都目黒区某所付近では激しく降っており、気象レーダーの画像で確認すると北東から南西に延びる強いライン状の降水帯の下にある。また、東北地方南部から関東地方北部の太平洋沿岸域でも強い雨が降っているが、これらは雲頂高度の高い発達した雲の下でみられる。また、中部地方から北の日本海側でも1時間に5~10mmの強い雨を観測しているが、こちらは下層雲から降っている。

これらは雲域の東進に伴って次第に東へ移動しているが、東海沖から伊豆半島、関東地方南部にかけては夕方に再び強い雨が降ったところがあり、こちらもライン状の降水帯によるものとなっている。

上空の天気図をみると、2つの低気圧の南側にあたる東海から東の地域で南よりの風が強くなっており、強い暖気移流場となり湿った空気が流入している。一方、近畿地方から西側では西よりの風が卓越している。ウィンドプロファイラデータで午後12時現在のものを確認しても同様だが、特に風速20~30m/sの風の強いところと強い降水域が一致しているように思う。このような上空の強風域はそれより下の大気が水平方向に強い温度勾配を持つときにみられるが、午後12時現在のアメダスの気温分布をみると、神奈川県南部や千葉県で24℃前後、一方では栃木県・群馬県・埼玉県など内陸で18℃前後となっている。雨はその境界にあたる地域で強く降っている。風の分布をみると気温の高い南部から東部沿岸域では強い南西風が卓越しているが、内陸部では北西風の弱い風となっており、内陸で冷えた空気が流出していることを示している。



------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。
やる気がピヨピヨと沸いてきます。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
by y_hirarin5 | 2008-10-24 23:59 | 今日の雲

今日の雲20070912


【2007年9月12日12時31分】
@東京都東部
激しい雨
空は全天厚い雲に覆われている。
午後12時現在、大手町では気温20.9℃、北東の風5m/s
湿度87%
長袖のシャツ1枚でも肌寒い。

午前9時現在、伊豆半島付近には低気圧があって東北東へ進んでいる。
本州のはるか東海上から伸びる停滞前線は低気圧の中心を通って、鹿児島の南まで伸びている。
南西諸島付近には1000hPaの熱帯低気圧があって北西へ進んでいる。
一方、オホーツク海、本州の東、朝鮮半島北部、および黄海の西には高気圧があってほとんど停滞している。

今朝方、関東地方南部に強い雨をもたらした発達した積乱雲は、午後12時半現在には陸地から離れている。しかし、この時間でも激しい雨が降っている。この雨を降らせているのは、その発達したライン状の積乱雲の西にある、雲頂高度が中層程度の雲で、これは時間の経過とともに雲全体は北東へ移動している。

東京地方の気温は今朝方23℃前後あったが、日中は上がらず20℃前後で推移。
また、北東の風が卓越し、また曇っていたこともあって気温は上がらなかった。

オホーツク海にある高気圧は背が低く寒気を伴っており、それが前線の北側まで張り出していた。一方で850hPa高度では関東地方上空で南西風と暖気移流が起こっており、寒気の上に乗り上げる形になった。これにより湿った空気が強制的に持ち上げられたため、雲が発達しこの地方で強い雨をもたらしたものと考えられる。
by y_hirarin5 | 2007-09-12 23:00 | 今日の雲

今日の雲20070730


【2007年7月30日12時32分】
@東京都東部
曇り
大粒の雨が降っている。
空はどんよりと曇っている。
午後12時現在、大手町では気温21.4℃、東北東の風6m/s
湿度86%、12時までの1時間に5mmの降水量を観測している。
気温が低いので涼しいがじっとりとしている。

午後12時半現在、
伊豆諸島から関東地方、静岡県と上信越、東北地方南部まで白く輝く積乱雲の雲の下にいる。
この雲は時間をさかのぼると、今朝方近畿地方付近で発生し東海地方上空を発達しながら東進してきている。
これをレーダーで見ると南北方向に連なるライン上の降水帯となっていることが分かる。
この降水帯は沿岸部ほど早く東に進んでいる。

午前9時現在の地上天気図を見ると、東海沖に低気圧があり、ゆっくり進んでいる。
また、カムチャッカ半島付近に中心を持つ低気圧から伸びる寒冷前線が東北地方の東海上にある。
一方、日本海と東シナ海には高気圧があってほとんど停滞している。

上空850hPa高度を見ると、東海から関東の沿岸域では南西風、陸側では北西風と風が収束している。
また、南西風による暖気移流、北西風による寒気移流も顕著で湿数も小さく大気が湿っている。
700hPa高度を見ると、北陸から山陰を含む日本海西部に寒気の中心があり寒気移流、その南東側では南西に風が起こっている。
この寒気はさらに上空の300hPa高度、500hPa高度に見られる寒冷低圧部(低気圧として等圧線が閉じていないため)
につながっている。
この寒冷渦の南西側では北西風により乾いた空気が流入している。これが雲の発達を強めている。
by y_hirarin5 | 2007-07-30 23:35 | 今日の雲