人気ブログランキング |

<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

東西に伸びる高圧帯の圏内(層積雲)


【2010年11月4日9時06分】
@横浜市戸塚区
全天を厚い雲が覆っている。雲は畝状になっており、雲底は暗い灰色になっている。ときどき薄日が射すことがある。
曇り
午前9時現在、横浜では気温10.7℃、北の風2m/s、湿度55%

 関東地方南部は、東西に伸びる高圧帯の中に入っている。下層は山岳域や北部からの冷気流により北よりの風が吹いているが、上空は西よりの風が卓越して吹いている。上空は厚い雲に覆われているが、これは伊豆諸島付近で発生した下層雲が南西風によって移動してきたものと思われる。


【詳細解析】

◆ 午前9時現在の気圧配置(地上天気図)

 カムチャッカ半島の東には低気圧があって東へ進んでいる。サハリン付近から気圧の谷が日本海を通って対馬海峡へ達している。一方、揚子江河口付近には高気圧があって東へゆっくり移動している。また、この高気圧から日本のはるか東にかけては東西に伸びる帯状の高圧帯となっている。


◆ 午前9時現在の雲と雨(気象衛星:可視、赤外、水蒸気、アメダス降水)

 この時間は、北海道と北陸から北の日本海沿岸域、中国地方から信越の山岳域に低い雲がかかっている。

 関東地方も南部から頭部の沿岸域を中心に低い雲が広がっている。この雲は太平洋へと続いている。

 降水は、北陸から北の日本海側でとこどろころ降っている。午前9時までの1時間に多いところで~5mm程度の降水を観測している。


◆ 午前9時現在の上空の大気の状態
◇各気圧面の高度分布(高層天気図)

 地上低気圧に対応する上空の低気圧(下層~中層)や気圧の谷(上層)はその直上にあたるカムチャッカ半島の東海上にある。それとは別にシベリア東部に気圧の谷がある。中層では谷は深くなっており、その中心付近に寒気の中心を伴っているが、下層では谷は弱い。しかし、下層ではシベリア東部から西日本の太平洋まで伸びており、九州の西方海上では寒気移流場となっている。下層850hPa面では日本海側を中心にところどころ湿潤域がみられるが、700hPa面より上では東北地方から南の地域は空気は非常に乾燥している。

 関東地方は、上空の大きな気圧の谷が通過しており、下層から上層まで全般に西よりの風が吹いている。下層850hPa面では西南西風が吹いており、南部は湿潤空気に覆われているが、700hPa面より上空は空気は非常に乾いている。上層300hPa面の強風軸は南部上空を西から東に向かって伸びている。500hPa面の渦度は全域で正渦度、700hPa面の鉛直流も全域で上昇流場となっている。


◇大気の鉛直構造(高層気象観測データ:館野)

 地上から1011hPa高度まで対流不安定層が形成されているが、その上空には厚さ180mほどの接地逆転層がある。この高度では西北西~北よりの風が吹いている。逆転層の上には東よりの風が吹く乾燥した層がある。901hPa高度より上空では南西~南南西風が吹いており、836hPa高度付近には厚さ20mほどの薄い湿潤層が形成されている。雲の動きを見ると、雲は伊豆諸島付近で発生し、その後南西から北東へ向かって移動しているのがわかる。湿潤層より上空の空気は非常に乾燥しているため、雲はこの湿潤層に対応しているものと思われる。




------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ

投票してくださったみなさま、本当にありがとうございます。<(_ _)>
by y_hirarin5 | 2010-11-04 23:59 | 今日の雲

西日本へ高気圧張り出し、冬型の気圧配置は緩む(快晴)


【2010年11月3日9時10分】
@横浜市戸塚区
雲ひとつない青空が広がっている。昼ごろから積雲が出始め、夕方には西の空に高層雲が広がっていた。
快晴
午前9時現在、横浜では気温14.3℃、北の風5m/s、湿度49%

西日本に高気圧が張り出してきており、西から冬型の気圧配置が緩んできている。上空を気圧の谷が通過しているが、空気が乾燥しているために雲ができにくい状態となっている。



【詳細解析】

◆ 午前9時現在の気圧配置(地上天気図)

 オホーツク海には低気圧があって北東へ進んでいる。また、カムチャッカ半島の東には別の低気圧があって北東へ進んでいる。低気圧から伸びる気圧の谷が、日本の東海上を通って関東の東海上に達している。また、シベリア東部から気圧の谷が渤海を通って華北に達している。一方、揚子江河口付近には高気圧があって東へ移動し、西日本に張り出している。日本付近は冬型の気圧配置だが、西から緩んできている。


◆ 午前9時現在の雲と雨(気象衛星:可視、赤外、水蒸気、アメダス降水)

 この時間はオホーツク海に低気圧に伴う上層の雲が広がっており、一部が北海道の北部にかかっている。また、日本海には寒気の流入に伴う下層の対流雲が出ており、北陸から北の日本海側と東北地方の太平洋側に達している。その他の地方はおおむね晴れている。

 関東地方は、千葉県や南部沿岸域に一部で下層の対流雲が出ている他はよく晴れている。

 降水は、北陸から北の日本海側を中心に降っており、一部標高の高いところでは雪になっている。午前9時までの1時間に多いところで~10mmの降水を観測している。

◆ 午前9時現在の上空の大気の状態
◇各気圧面の高度分布(高層天気図)

 オホーツク海の地上低気圧に対応する上空の低気圧は、下層ではその直上にあり、中上層では気圧の谷のみとなっている。気圧の谷は北海道上空から紀伊半島付近まで伸びており、中層では北海道から東北地方北部にかけて-30℃以下の寒気の中心がある。下層850hPa面においては近畿から東の地方で寒気移流場となっているが、700hPa面より上空は温度移流はほとんど見られない。

 関東地方は上空の気圧の谷が通過しているところで、全層に渡って西よりの風が卓越して吹いている。下層850hPa面では寒気移流場、それより上空では温度移流がない状態となっている。下層は北部に日本海から湿潤空気が流入しているが、南部や東部は非常に乾燥している。500hPa面の渦度は南部で正渦度となっているが、北部は負渦度。700hPa面の鉛直流は神奈川県、東京、埼玉付近で上昇流となっているほかは下降流となっている。


◇大気の鉛直構造(高層気象観測データ:館野)

 地上からごく下層は対流不安定になっており、その上空の1000hPa高度付近に接地逆転層がみられる。1000~925hPa高度は相当温位がほぼ一定の中立大気で相対湿度は40%台と低くなっている。持ち上げ凝結高度は839hPa高度と高く、地上からこの高度までの大気は非常に乾燥しているために、下層雲ができにくい状態となっている。850hPa高度付近にやや湿った層があるために相当温位がこの高度付近だけ301Kとなっており、その上の680hPa高度付近まで対流不安定層となっているが、空気は乾燥しているために対流が起こっても雲はできにくい。




------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ

投票してくださったみなさま、本当にありがとうございます。<(_ _)>
by y_hirarin5 | 2010-11-03 23:59 | 今日の雲

低気圧はオホーツク海へ、冬型の気圧配置(巻雲)


【2010年11月2日9時13分】
@横浜市戸塚区
薄い刷毛で掃いたような雲が空のいたるところに浮かんでいる。
晴れ
午前9時現在、横浜では気温17.3℃、北西の風2m/s、湿度37%

 冬型の気圧配置で下層は寒気移流場となっている。相対湿度は低く、下層は下降流場となっているため下層雲ができにくい状態となっている。上層に強風軸があり、それに沿って西から薄い上層雲が伸びている。これが地上から見える巻雲に対応しているものと思われる。


【詳細解析】

◆ 午前9時現在の気圧配置(地上天気図)

 オホーツク海南部には発達中の低気圧があって北北東へ進んでいる。中心気圧は984hPa、今後12時間以内に中心付近では15~22m/sの強い風が吹く見込みとなっている。低気圧の中心から閉塞前線が千島付近に伸び、そこから寒冷前線が日本の東を通って小笠原諸島の東海上に達している。一方、バイカル湖の南西には高気圧があって西日本に張り出している。日本付近は西から西高東低の冬型の気圧配置に変わっている。


◆ 午前9時現在の雲と雨(気象衛星:可視、赤外、水蒸気、アメダス降水)

 低気圧に伴う厚く雲頂高度の低い雲が北日本にかかっている。また、北陸から北では日本海側を中心に、日本海から低い雲が流れ込んでいる。九州南東部や四国は上層の雲が広がっており、次第に東へ移動している。また、西日本の山岳域を中心に下層の対流雲がちらほらと出ている。

 関東地方は全般に晴れているが、南部には西から東西に伸びる薄い上層雲がかかっている。

 雨は、この時間は北陸から北の日本海側を中心に降っており、多いところで1時間に~20mmのやや強い降水を観測している。


◆ 午前9時現在の上空の大気の状態
◇各気圧面の高度分布(高層天気図)

 オホーツク海の地上低気圧に対応する上空の低気圧は、下層では低気圧の直上にあるが、中層から上層にかけては、低気圧の西側にある。寒冷低気圧となっており、低気圧の中心付近には500hPa面(5400m付近)で-30℃以下の寒気を伴っている。これが日本海に入り始めている。東北地方から南は、これらの低気圧の中心の南側にあたるために、全般に西よりの風が卓越して吹いている。下層は等高度線に対して等温度線が直交しており寒気移流場となっているが、中層はこれらが平行しているために温度移流はほとんど起こっていない。中層の寒気の流入は北海道が中心となっている。上層の強風軸は、華北、朝鮮半島、西日本上空、関東地方南部を通って太平洋へと伸びている。

 関東地方は上空の低気圧の南側で、上空は全般に西よりの強い風が吹いている。下層は850hPa面では寒気移流場となっているが、それ以上の高度では温度移流はほとんど起こっていない。また上層には南部に強風軸がかかっている。500hPa面の渦度は正渦度、700hPa面の縁直流は東京から神奈川県付近と茨城県付近にかけては上昇流場、その他は下降流場となっている。


◇大気の鉛直構造(高層気象観測データ:館野)

 地上から850hPa高度付近までは対流不安定になっており、そのうちの下層は混合層が形成されている。相対湿度は低く30~40%となっており、また873hPa高度と857hPa高度の間に逆転層が形成されており、そこを境に相対湿度は10%を切っている。このため混合層の発達に伴う下層雲は形成されない。中層から上層にかけても相対湿度は低くなって、大気は全般に乾燥している。




------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ

投票してくださったみなさま、本当にありがとうございます。<(_ _)>
by y_hirarin5 | 2010-11-02 23:59 | 今日の雲