人気ブログランキング |

<   2008年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧

いわば上空の強風軸に対応する雲(高層雲)


【2008年10月31日12時45分】
@東京都目黒区
曇り
全天を雲が覆っている。雲底は薄らと凹凸が見え、また雲から太陽が透けて見える。しかし地面に影はできない。
午後12時現在、大手町では気温16.0℃、北西の風2m/s、湿度49%

午前9時現在、日本の東海上には高気圧があって東へ移動しているが、勢力は西日本まで残っている。一方、その西側の日本海から東シナ海にかけて気圧の谷が進んできており、その中の朝鮮半島北部には低気圧があって西南西へ進んでおり、また、華南から東シナ海南部にかけては前線が停滞している。夕方にかけて気圧の谷が北日本から本州上に達し、津軽海峡付近や四国の南に低気圧が進んできている。

気象衛星で雲のようすをみると、午後12時半現在では、西日本から関東地方にかけて中国大陸から東に延びる幅の広い雲バンドがかかっている。雲は、大陸上から九州南部にかけては雲頂高度は中層程度だが厚みがあり、四国から東にある雲は雲頂高度が上層に達しているが厚みがあまりない。雨はこの厚い雲の下の九州南部で1時間に~5mm相当のものが降っている。また、近畿地方から九州北部にかけては1mm前後の弱い雨となっている。一方、北陸から北には日本海から東へ移動してきた雲が広がっており、この下でも~5mm程度の雨となっている。こちらも雲頂高度は中層程度とそれほど高くはないが厚い雲で構成されている。

上空の天気図をみると、下層では日本海には弱いながらも気圧の谷があり、その前面の日本付近では南西風が卓越して暖気移流場となっている。九州の南から東シナ海、大陸南部には湿潤層がみられる。一方、中層500hPa面(高度5500m付近)では日本上空は西側に気圧の谷があり、西よりの強風軸があるが谷の前面で風の発散場になっている。この風に伴って近畿地方から西で湿潤層が広がっており、これが雲バンドのうちの中層~上層の雲に対応している。
日本海にある気圧の谷は寒気を伴っているが、地上低気圧との鉛直方向の位置関係や周辺の温度移流が少ないことなどからそれほど発達は見込まれていない。しかし、低気圧の東進に伴って日本海上に寒気が流入したことで、大気が不安定になり下層雲が広がった。これが日本海側の地域にやや強い雨を降らせている。

関東地方で日中見られた雲は、西から延びる雲バンドの一部でそれほど雲に厚みがない部分であった。ちなみに雲を通して太陽が透けて見える雲は高層雲と判断している。どんよりした感じだったが、雨が降るかどうかはこの後の雲がさらに厚みを増して太陽がみえなくなる状態が続くかどうか。さらにその雲の下に小さな濃い灰色のちぎれ雲がみえるようになるかどうかがひとつのポイントといえる。

※ ちなみに、私は午後の雲のようすはみられませんでした。みなさんのところの雲はいかがでしたか?^^


------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。
やる気がピヨピヨと沸いてきます。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ

投票してくださったみなさま、本当にありがとうございます。<(_ _)>
by y_hirarin5 | 2008-10-31 23:59 | 今日の雲

高気圧の張り出しによる違い(高積雲→積雲)


【2008年10月30日12時42分】
@東京都目黒区
快晴
午前中にかかっていた積雲系の雲は昼ごろにかけて次第に南へ移動していった。そのあとはすっきりと晴れ、浮かんでいる積雲も小さく背の低い扁平雲のみであった。
※今日はカメラを忘れたので、携帯電話のカメラで撮りました。空が青すぎる・・・(汗
午後12時現在、大手町では気温16.5℃、東南東の風1m/s、湿度44%

午前9時現在、昨日までオホーツク海北部にあった低気圧は北東へ移動し、一方で北海道の南東海上にあった前線を伴った低気圧がカムチャッカ半島の南に進んできた。この低気圧から延びる気圧の谷が日本海と関東地方から東海地方の太平洋上にあって、夕方にかけてもほとんど同じ形で停滞している。一方、黄海には高気圧が進んできており、東北地方南部まで張り出してきている。しかし、夕方にはその南側の東シナ海南部に停滞前線が発生している。

気象衛星で12時半現在の雲のようすをみると、近畿北部から北陸にかけては日本海から延びる雲バンドが沿岸を中心にかかっている。また、東北地方から北の日本海側を中心に寒気の移流に伴う筋状の雲がかかっている。関東地方は午前中にかけてかかっていた雲は昼ごろには次第に南へ下がっていき晴れ間が広がった。この雲は地上からは高積雲、またはもう少し雲底高度の低い層積雲に見えたが、高層気象観測データで見ると館野(茨城県つくば市)で2000~2700mに湿潤層があり、こちらでも同等とみなすなら前述の通りの雲形になる。中国大陸からは中~下層雲で構成される雲バンドが延びており、九州南部や四国の西部に一部かかっている。

上空の天気図でみると、昨日まで下層を中心に寒気移流場となっていたが、午前9時現在ではそれも弱まり、北海道にかかっている寒気も中心が東の海上へ抜けつつある。一方、中層500hPa面には日本海上に寒気の中心があり、この下で雲が発生/発達している。レーダーアメダス解析雨量では、この時間の雨は東北地方の一部で~5mm以下の弱い雨、また山陰から北陸沖の日本海上に1時間に10~20mm相当の強い雨を解析しているが、陸上では降っていない・もしくは沿岸域で弱い雨となっている。そのほかは九州の西の雲バンド付近で~5mm、伊豆諸島方面でも降っている。

午前中広がっていた雲の要因は、はっきりしたことは言えないが、西から張り出す高気圧が南部では南に気圧の谷があったことで張り出し方が北偏したことで下層に東よりの風が入ったこと。昨日通過した寒冷前線に伴う下層の温度集中帯が関東地方の南にあり寒気移流場になっていたこと。700hPa面では上昇流場になっていたことが条件として挙げられる。いまのところは冷たい東よりの風の流入により雲が発生したものと推測している。これが、日中にかけては下層の温度集中帯が関東の南東海上へと離れたことで高気圧の張り出しが関東地方の南部にまでおよんだことで次第に晴れていったと考えている。


------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。
やる気がピヨピヨと沸いてきます。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ

投票してくださったみなさま、本当にありがとうございます。<(_ _)>
by y_hirarin5 | 2008-10-30 23:59 | 今日の雲

気圧の谷の通過に伴う上層雲(巻積雲)


【2008年10月29日8時54分】
@東京徒目黒区
晴れ
今日はごま粒大の小さな雲群、巻積雲が多く見られる。
午後12時現在、大手町では気温19.6℃、南南東の風3m/s、湿度51%

午前9時現在、オホーツク海には別の低気圧があり、そこから南に気圧の谷が延びている。その中の北海道の南東海上に低気圧があり、そこから延びる寒冷前線が東北地方南部から北陸地方を通って若狭湾付近に達している。一方、中国東北国は高気圧があって南東に進み、高圧部が西日本の張り出している。午後は関東地方はこの寒冷前線が北から接近し、夕方には南海上に抜けている。

気象衛星で雲のようすをみると、千島付近から東北地方の太平洋側に寒冷前線に伴う上層雲の雲バンドがみえ、その南端が関東地方にかかっている。この雲は太平洋上では厚くはっきりとしているが、関東地方周辺のものは薄い上層雲のみとなっている。一方、近畿地方から北の日本海沿岸には日本海上で発生した厚い下層雲が広がっていて、この下では降水が発生している。昼前後の気温の分布をみると、おおよそ10℃以上のところが多くなっており、北や標高が高いところほど気温が低くなっているが、それでも5℃以上あるため、降水は雨と考えられる。この雨は特に北陸地方周辺で強く降っている。また、中国大陸から西日本にかけては西南西から東北東方向に延びる雲バンドがあり、中国大陸上では厚くなっているが、西日本上空では薄い上層雲がかかっているのみとなっている。

上空の天気図をみると、オホーツク海上上空には相変わらず低気圧が居座り続けている。ここから延びる気圧の谷は、1本は日本のはるか東海上にあり、北海道南東海上の地上低気圧に対応している。もう1本は日本海中部に延びており、この少し西側に寒気でも特に冷たい空気が控えている。日本付近は下層で全般に西北西風に伴う寒気移流場となっており、日本海側では寒気の移流量が大きく、温かい日本海面との間で大気が不安定になり広い範囲で対流雲が発生している。太平洋側では下層では乾燥した空気に覆われているが、中層から上層にかけては地上の寒冷前線に対応する温度集中帯と強風軸で、上層雲が発生している。

今日見えた巻積雲は朝からみえていたものだが、移動したり発生したり消えたりしていた。気象衛星で見る限りは寒冷前線に伴う雲の南端に発生した上層雲の一部と考えられる。上層雲の発現は天気の崩れの兆候のひとつともいえるが、今回の場合は気圧の谷がかすっただけだったので、特に天気の崩れはなかった。


------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。
やる気がピヨピヨと沸いてきます。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ

投票してくださったみなさま、本当にありがとうございます。<(_ _)>
by y_hirarin5 | 2008-10-29 23:59 | 今日の雲

寒気の流入に伴う下降気流場(快晴)


【2008年10月28日12時11分】
@東京都江東区
快晴
雲ひとつ見当たらないので、イチョウの樹を一緒に写してみた。まだ青々としている...。
午後12時現在、大手町では気温20.2℃、北西の風2m/s、湿度41%

午前9時現在、オホーツク海北部に低気圧があり、そこから南に気圧の谷が延びている。その中の関東地方の東海上に低気圧があって東北東へ進んでいる。また、これとは別の気圧の谷が日本海に延びている。本州付近はこれらの気圧の谷に挟まれて、相対的に気圧の尾根の中に入っている。長江河口には高気圧があって西日本に張り出している。

午後12時現在では、北海道北部付近に中層の薄い雲がかかっている他は、北陸から北の日本海側と紀伊半島、北海道に厚い大きな対流系の雲が広がっている。また、九州北部や山陰では小さな対流雲がみられる。そのほかの地方は目立った雲はなく、よく晴れている。しかし、中国大陸には大きな雲バンドがあり、次第に東へ移動している。雨は、近畿から北の日本海側を中心に1時間に~5mm程度の雨が降っている。降水域は日本海沿岸に近い海上で出現し、そのまま東へ移動してきている。夕方にかけて北陸地方の雨は弱まったが、東北地方から北では相変わらず降っている。

上空の天気図では、オホーツク海上にある背の高い低気圧から延びる気圧の谷が日本の東海上にあり、下層を中心に寒気移流場となっている。北陸から北の日本海沿岸には下層雲に対応する湿潤域があり、温かい海面との間で大気が不安定となって発生した対流雲と考えられる。一方、中層500hPaでは正渦度場となっているが、それより下層では北陸から北の日本海側を除いて寒気移流に伴う下降気流が卓越しており、雲が発生しても発達しにくい状態となっている。



------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。
やる気がピヨピヨと沸いてきます。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ

投票してくださったみなさま、本当にありがとうございます。<(_ _)>
by y_hirarin5 | 2008-10-28 23:47 | 今日の雲

寒気の流入と対流雲の発達(雄大積雲)


【2008年10月27日12時50分】
@東京徒目黒区
晴れ
頭上には小さな積雲が浮かんでいて、消えたり小さくなったりしている。一方、北の空には幅の広い雲があり、もこもことしている。これがだんだんこちらへ移動してきた。
午後12時現在、大手町では気温20.9℃、南の風4m/s、湿度54%

午前9時現在、オホーツク海には低気圧があってほとんど停滞している。低気圧の東から南に伸びる停滞前線は日本のはるか東に達している。また、それに伴う気圧の谷はさらに南へ延び、小笠原諸島の南へ達している。一方、黄河中流には高気圧があって東シナ海へ張り出している。

昨日まで九州から東北地方を覆っていた中層雲からなる雲バンドは次第に南東へ移動し、今朝には陸地から離れた。それに伴って、東北地方から東海地方までの太平洋側は一時的に晴れ間が広がった。しかし、次第に下層の対流雲が日本海から移動してきて、また、その場で発生したものも含め、初め晴れていた地域でも雲が広がり始めた。
近畿から北の日本海側で降っていた雨が、午後に入って関東地方や東北地方の一部でも降り始め、夕方ごろには東京付近でも雷を伴って短時間に強い雨が降った。

上空の天気図をみると、オホーツク海の低気圧は上層まで達する背の高い寒冷低気圧で、日本の上空と沿海州付近に2つの気圧の谷を伴っている。下層を中心に寒気移流場となっており、近畿地方から北の日本海側や日中にかけては太平洋側にいたるまで大気が不安定になり、各地で下層の積雲が発達した。これに伴って各地で狭い範囲だが雨が降った。

関東地方では昼ごろには小さな積雲が発生/消滅をしていたが、北側には大きな雄大雲があってこれが次第に移動してきた。日中は関東地方南部を中心に気温が20℃前後まで上がり、海からの南東風が卓越していたが、上空や関東地方北部などでは北西~西風で寒気が移動してきており、これらの風の収束域に当たる山梨県や埼玉県、千葉県北西部などでは一部で雲が発達し、雷や激しい雨をもたらした。


------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。
やる気がピヨピヨと沸いてきます。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ

投票してくださったみなさま、本当にありがとうございます。<(_ _)>
by y_hirarin5 | 2008-10-27 23:59 | 今日の雲

総観場の収束帯と弱い雨(乱層雲)


【2008年10月26日14時46分】
@横浜市港北区
曇り
厚い雲に覆われている。遠くの空の下の方は明るいが、すぐそこの雲は雲底がぼこぼこと凹凸がみられる。
午後3時現在、横浜では気温20.5℃、南西の風5m/s、湿度53%

午前9時現在、サハリン西方海上とオホーツク海北部にはそれぞれ低気圧があり、サハリン西方海上の低気圧から延びる寒冷前線が日本海に延び、北日本を通過しようとしている。この寒冷前線は日中にかけて北海道を、夕方にかけて東北地方を通過し、午後9時現在では北海道の東海上に出ている。一方、黄河上流には高気圧があって南東に移動しているが、日本付近への張り出しは弱くなっている。

気象衛星で雲の様子をみると、日本付近は九州から東北地方にかけては昨日と同様に中国大陸から東に延びる雲バンドに覆われている。この雲バンド上の上層雲は雲の全体的な動きに対して直行方向の縞模様があり、上層の強風軸に伴うトランスバースライン(巻雲の雲列)と思われる。一方、雲自体は厚みがあり、特に午後にかけては九州北部から中国、四国、近畿、東海地方にかけての雲は厚く、1時間に1mm相当以下の弱い雨やところによって1~5mm程度の雨が降っている。また、昼から午後にかけて北日本を寒冷前線が通過しているが、それに伴う雲は雲頂高度が低く下層雲が主体になっており、前出の雲バンドが東北地方から太平洋上に北東方向に延びて寒冷前線の雲に重なっているために、動きがほとんど分からなくなっている。また、この寒冷前線の動きとは別に、北陸地方から北の日本海側では西南西方向から降水バンドが延びてきており、ところによって1時間に30mm以上の激しい雨が降っている。この雨をもたらしている雲は、下層雲が主体となっている。

上空の天気図をみると、午前9時現在では、下層850hPa面(高度1500m付近)で本州の太平洋側と日本海には温度集中帯があり、全般に西南西風が卓越している。その上空の700hPa面(高度3000m付近)では西日本で西風とその南側で西南西風による収束帯があり、中国大陸から東シナ海に延びる850hPa面の湿潤空気をさらに東へ運んで関東地方南部にまで達している。この下で弱い雨が降っている。日本海に延びていた寒冷前線付近では、上空の等高度線と等温線が平行し風もそれに沿って吹いているために温度移流がほとんどみられない。中層から上層にかけては日本上空を西南西風の強風軸が通っているが、これは下層の温度集中帯によるもので、前出の上層のトランスバースラインはこの強風軸の南縁に沿って発生している。

寒冷前線の通過後の午後9時の高層天気図をみると、北陸から北の日本海側では西よりの風で寒気移流場となっている。この地方に雨をもたらしている雲は日本海上に発生した下層雲が移動してきたもので、温かい海面と寒気の流入によって不安定化した大気中で発生した対流雲と思われる。

関東地方を覆っている雲は、高度2500~8000m付近までの厚い湿潤層に対応していると考えており、雲底高度(湿潤層の最下層)と雨の降り方から考えて乱層雲と判断した。

------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。やる気がピヨピヨと沸いてきます。w

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ

投票してくださったみなさま、本当にありがとうございます。<(_ _)>
by y_hirarin5 | 2008-10-26 23:59 | 今日の雲

気圧の谷は日本の東海上へ(層雲+上層雲)


【2008年10月25日16時14分】
@鎌倉市
曇り
厚い雲が全天を覆っている。雲は畑の畝のように連なっている。写真はその一部を写している。
また、ときどきパラパラッと雨が降った。
午後4時現在、横浜では気温20.6℃、東南東の風3m/s、湿度71%

午前9時現在、昨日東日本に大雨をもたらした低気圧は北海道の南東海上にあって、北東へ進んでいる。中心から延びる前線も陸地からは離れている。また、この低気圧の北側のオホーツク海北部やバイカル湖の東にはそれぞれ低気圧があり、この2つの低気圧の間のシベリア東部を中心に半時計方向に移動している。一方、東シナ海には高気圧が東へ進んできており、西日本から日本海沿いに北日本へ張り出している。夕方には三陸沖に高気圧が発生して東へ移動している。

今日は朝からどんよりと曇っていたが、低気圧に伴う活発な雲は日本の東海上を次第に離れていっている。一方、関東地方から西の地域は、中国大陸からまっすぐ東へ延びる幅の広い雲バンドに覆われており、全体的に東へ移動している。これらは主に上層の厚い雲で構成されている。雨は、九州の中部から四国、紀伊半島、東海地方にかけてみられる降水バンドと長野県方面にみられたが、1時間に1mm以下の弱い雨が中心となった。

上空の天気図をみると、中層から上層にかけてアムール川中流付近に強い寒気を伴った寒冷低気圧があり、この付近にある地上低気圧はこれにトラップされているためほとんど位置が移動しない。この低気圧の特に南側では強い風が吹き、黄河下流から黄海、西日本の日本海側から北日本にかけて強風軸がみられ、全般に西よりの風となっている。一方、下層では北海道から九州にかけて温度集中帯があり、全般に寒気移流場となっている。雲は、上層の強風軸の南縁に沿って分布している。

高層気象観測データをみると、雲は下層と上層の2つの層に分かれて存在し、西日本では湿潤層は500~1000m以下となっており、西ほどそれぞれの層の雲頂高度は低くなっている。

関東地方でもその2層構造になっているが、下層の方は高度1000m以下で東よりの風が卓越し、湿潤層の厚さは地上から高度2000m付近までとほかの地方より厚くなっている。地上では東よりの風が卓越し、午後4時現在では関東地方南部で20℃前後と高めになっている。


------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。
やる気がピヨピヨと沸いてきます。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
by y_hirarin5 | 2008-10-25 23:59 | 今日の雲

深い気圧の谷に伴う暖気移流と強い雨(積乱雲)


【2008年10月24日12時39分】
@東京都目黒区
強い雨
厚い雲が全天を覆って、全体的に暗くなっている。その雲から粒の大きい激しい雨が降っている。一部に雲の色の濃い部分があるが、このちぎれ雲は南から北へ速い速度で移動している。
午後12時現在、大手町では気温22.4℃、南の風3m/s、湿度85%

午前9時現在、紀伊半島南部には前線を伴った低気圧があって東北東へ進んでいる。また、沿海州にも低気圧があり中心から延びる温暖前線が津軽海峡付近、寒冷前線が山陰沖に達している。他、アムール川中流付近とバイカル湖の東にも低気圧があり、日本付近はこれらを結ぶ深い気圧の谷の中に入っている。一方、黄河中流付近には高気圧があって東南東へ移動している。

午後12時半現在は、日本付近の2つの低気圧に伴う雲域は東日本に移ってきている。このうち、雲頂高度が高くて発達した雲は日本海北部から北海道と三陸沖、また東北地方南部の太平洋側から関東地方、東海地方と紀伊半島付近に延びている。また、東北地方から近畿地方の日本海側にある雲は雲頂高度が低く、大部分が下層雲で構成されている。西日本はこれらの雲が遠ざかり日本海側では下層の積雲、四国から九州南部にかけては薄い上層雲がかかっている。この時間の雨は私のいる東京都目黒区某所付近では激しく降っており、気象レーダーの画像で確認すると北東から南西に延びる強いライン状の降水帯の下にある。また、東北地方南部から関東地方北部の太平洋沿岸域でも強い雨が降っているが、これらは雲頂高度の高い発達した雲の下でみられる。また、中部地方から北の日本海側でも1時間に5~10mmの強い雨を観測しているが、こちらは下層雲から降っている。

これらは雲域の東進に伴って次第に東へ移動しているが、東海沖から伊豆半島、関東地方南部にかけては夕方に再び強い雨が降ったところがあり、こちらもライン状の降水帯によるものとなっている。

上空の天気図をみると、2つの低気圧の南側にあたる東海から東の地域で南よりの風が強くなっており、強い暖気移流場となり湿った空気が流入している。一方、近畿地方から西側では西よりの風が卓越している。ウィンドプロファイラデータで午後12時現在のものを確認しても同様だが、特に風速20~30m/sの風の強いところと強い降水域が一致しているように思う。このような上空の強風域はそれより下の大気が水平方向に強い温度勾配を持つときにみられるが、午後12時現在のアメダスの気温分布をみると、神奈川県南部や千葉県で24℃前後、一方では栃木県・群馬県・埼玉県など内陸で18℃前後となっている。雨はその境界にあたる地域で強く降っている。風の分布をみると気温の高い南部から東部沿岸域では強い南西風が卓越しているが、内陸部では北西風の弱い風となっており、内陸で冷えた空気が流出していることを示している。



------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。
やる気がピヨピヨと沸いてきます。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
by y_hirarin5 | 2008-10-24 23:59 | 今日の雲

悪天候の兆し(ちぎれ雲)


【2008年10月23日12時42分】
@東京都目黒区
曇り
地面がところどころ濡れているが雨は降っていない。
薄い色の滑らかな雲が全天を多い、その下層にそれよりも色の濃い小さな雲が浮かんでいる。
午後12時現在、大手町では気温24.2℃、南東の風2m/s、湿度54%

午前9時現在、黄海と日本海西部には低気圧があってそれぞれ北と北東へ進んでいる。また、中国東北区には別の低気圧があり、これらを結ぶ深い気圧の谷が日本の西に南北に伸びている。一方、千島近海には高気圧があって南東へ移動している。東日本はこの高気圧の圏内に入っている。

午後12時半現在では、北海道北部や南西諸島を除いてほぼ全国的に雲が広がっている。気象衛星からみえるこの雲域は大部分が上層雲だが、下層には厚い雲があり、伊豆諸島や紀伊半島の南部沿岸域で一部20~30mmの激しい雨が降っているほか、九州から東北地方まで広い範囲でところどころ10mm前後の雨が降っている。雨域は全体的には北東方向へ移動しているが、強い雨が降っている太平洋側の南東斜面にあたる九州南部、足摺岬周辺、紀伊半島周辺と関東地方南部のものはほとんど位置が変わらない。また、夕方から夜にかけては九州の西の海上や山陰から北陸の日本海周辺で降水域がまとまってきている。これは黄海低気圧の北東進で、日本海西部に進んできた低気圧のうち寒冷前線付近にみられるものと考えられる。

上空の天気図をみると、中国東北区にあるほとんど位置の変わらない低気圧は上層まで続く背の高い低気圧で、この西側には強い寒気を伴っている。黄海から日本海に進んできた低気圧はこの南東側の暖域内にあり、北からの寒気の移流はまだほとんどみられない。しかし、中層では黄海の低気圧の北西側で強い南西風に伴う暖気移流とその北西側には強い水平温度傾度域がみられ、午後から夕方にかけては下層の暖気移流に伴う前線性の雲バンドに中層から上層の寒気が追いついた形で地上前線が形成されている。

一方、本州付近は日本の東海上にある高気圧の西側で、下層では湿った南東風が卓越している。温度移流はほとんど見られないが、湿った空気が地形が急峻な九州南部や四国の太平洋側、紀伊半島、関東地方の南部の山岳域で強制的に上昇されたこと、また中層500hPa面で九州から東北地方にかけてみられる弱いショートトラフ(気圧の谷)に伴って正渦度場となっているために上昇気流が強化されたこと。この2つにより雲が発達しこの地方に強い雨を降らせたものと考えられる。

明日は、気圧の谷が全体的に東へ移動し、九州南部にあった前線上に低気圧が発生して紀伊半島の南へ進み、日本海西部の低気圧は沿海州にまで進んでくる。日本付近は深い気圧の谷の中に入る。強い雨の範囲は東海から東の地域に移ってくる。一方、前線の通過した後は高気圧が大陸から張り出してきて、乾燥した空気が流れ込んでくる見込みとなっている。



------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。
やる気がピヨピヨと沸いてきます。(^^;

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
by y_hirarin5 | 2008-10-23 23:59 | 今日の雲

紫の花



先月、神戸に社員旅行に行ったときに花壇に咲いていた花を撮りました。

が、

名前が分からず。
調べてますが、すぐには出てこないようすです。

----
追記

花の名前はペチュニアといいます。
紫色の花というキーワードだけで花の事典を調べまくりました。

参考にしたサイトさんは
こちら

こちら
です。
by y_hirarin5 | 2008-10-23 01:12 | 写真(植物)