気圧の谷前面の薄い雲(巻積雲)


【2008年12月11日8時14分】
@横浜市港北区
晴れ
青い空に巻雲系の雲が多くみられた。写真のものは薄い雲に穴のようなものがたくさん開いているようにみえる。一応、巻積雲と思うのだけど、調べると巻雲の房状雲とか出てくる。う~~ん。。
午前8時現在、横浜では気温10.2℃、北の風3m/s、湿度64%


◆天気概況:地上天気図

午前9時現在、関東の東海上には高気圧があって次第に日本から離れつつある。代わって日本海には低気圧があって東北東へ進み、中心から温暖前線が津軽海峡付近まで、寒冷前線が対馬海峡を通って長江河口の東まで延びている。日本付近はこれらの前線の南側にあたる東北地方から南の地域では暖気場の中に入っている。


◆雲と降水:気象衛星、レーダーアメダス解析雨量他

午前8時半現在、雲頂高度の高いやや集めの雲バンドが東シナ海北部から対馬海峡と通って日本海北部に達している。ちょうど地上低気圧と前線のやや北側にあたる。また、日本海は大陸側に雲頂高度の低い雲が広がっているが、この一部が前出の雲バンドの下にも分布している。また、東北地方南部から千葉県の南にかけての東海上に下層雲が広がっており、一部が茨城県北部から福島県にかかっている。この後、時間の経過に伴って、日本海の雲バンドの南の本州上空には雲バンドと同じ走向の上層の筋雲が多く出現した。


◆高層大気の状態:高層天気図、高層気象観測データ、ウィンドプロファイラデータ他

午前9時現在、シベリア東部に気圧の低い領域があり、そこから朝鮮半島付近に向かって気圧の谷が延びている。日本付近はその前面で、九州北部から日本海、サハリン上空には上層の強風軸が延びている。全般に西よりの風が卓越している。上層は温度移流はほとんどないが、下層は西南西風に伴って暖気移流が発生している。しかし、乾燥空気が流入しているため、下層雲はほとんど発生していない。ただ、伊豆諸島の東海上では下層の暖気移流量が大きく湿潤空気に覆われている。

日本海雲バンドの南の上層雲は時間の経過に伴って濃くなっていったが、これは上空の気圧の谷の東進に伴って強風軸も南東へ移動したことによるものがひとつ考えられる。


雲アルバム も合わせてどうぞ☆


------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。
やる気がピヨピヨと沸いてきます。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ

投票してくださったみなさま、本当にありがとうございます。<(_ _)>
[PR]
by y_hirarin5 | 2008-12-11 23:59 | 今日の雲
<< 安定大気+乾燥空気の流入(快晴) 気圧の谷が去って乾燥空気が流入... >>