人気ブログランキング |

南からの暖気の流入(高積雲)


【2008年11月15日11時29分】
@横浜市港北区
曇り
厚い雲に覆われているが、ところどころ雲に隙間があり日が射してくる。この後だんだんと雲が厚くなって隙間もなくなっていった。
午前11時現在、横浜では気温16.8℃、北の風3m/s、湿度63%


◆天気概況:地上天気図

午前9時現在、サハリンに中心を持つ高気圧が北から張り出しており、関東から東海地方にかけてと沿海州から朝鮮半島北部にかけて気圧の尾根となっている。また、その間の日本海中部が気圧の谷になっている。一方、東シナ海とアムール川上流付近には低気圧があり、これらを結ぶ気圧の谷が西から日本に近づいている。


◆雲と降水:気象衛星、レーダーアメダス解析雨量他

午前11時現在では、中国、四国と北海道を除く北日本には下層の小さな積雲がみられるがよく晴れいている。それ以外のところは下層~中層の雲に覆われているところが多い。また、東北地方の太平洋側や関東地方北部と北海道の道南には筋状の上層雲がかかっている。長江中流から黄海、朝鮮半島北部に延びる雲バンドは中層~上層の雲で構成されており、次第に東へ移動している。
雨は午後12時までの1時間に東海地方やや三重県南部の一部、屋久島などで数mmの弱い雨が観測されている。


◆高層大気の状態:高層天気図、高層気象観測データ、ウィンドプロファイラデータ他

午前9時現在では、地上天気図でみられたアムール川上流の低気圧に対応する気圧の谷が下層から上層まで続いており、低気圧の北西側には寒気を伴っている。この気圧の谷の南側から東側にかけての、朝鮮半島の北から沿海州、サハリン付近まで上層の強風軸が延びており、その南縁に沿って上層雲が延びている。朝鮮半島北部付近にみられる雲バンドはその数100km南側に見られるが、この付近は下層で北西風に伴う寒気移流とその南側での南西風に伴う暖気移流の境界付近に発生している。

日本付近は下層で全般に西南西風が卓越しており、西日本を中心に暖気移流場になっている。特に東シナ海の地上低気圧の上空では中層の気圧の谷の接近と下層での強い南よりの暖気移流に伴って上昇流が強まっているために、雲がところどころ発達し始めている。西日本から東日本の太平洋側には下層に温度集中帯があり、これに伴って中層には強風軸がみられる。関東地方上空は南よりの風で下層で暖湿気流が流入して、また、北海道は強い温度集中帯付近で一部で暖気移流場となり、下層~中層の雲が発生しているものと思われる。


------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。
やる気がピヨピヨと沸いてきます。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ

投票してくださったみなさま、本当にありがとうございます。<(_ _)>
by y_hirarin5 | 2008-11-15 23:59 | 今日の雲
<< 低気圧周辺の雲(乱層雲) 上空の弱い気圧の谷(高層雲) >>