人気ブログランキング |

今日の雲20081003


【2008年10月3日12時29分】
@東京都目黒区
晴れ
雲が多めだが晴れ。写真のような雲の塊がいくつも浮かんでいる。この後はこの雲は次第に消えていき、代わって上層のカギ状の巻雲がみられた。
午後12時現在、大手町では気温22.0℃、西北西の風1m/s、湿度47%

午前9時現在、オホーツク海や三陸沖には高気圧があって、日本付近を覆っている。しかし、シベリア東部や沿海州には低気圧が進んできている。また、東シナ海には別の低気圧があって、これらを結ぶ気圧の谷が西から近づいており、沿海州の低気圧から延びる温暖前線が北海道にかかり始めている。

気象衛星で雲のようすをみると、日本海北部から北海道にかけては厚い雲がかかっており、日本海北部のものは特に雲頂高度が高くなって発達している。これは低気圧の前面で南西風に伴う暖気移流によるもので、またその東側にある深い気圧の尾根に向かって中層500hPa面での正渦度移流場、300hPa面の強風軸の南東縁付近で雲頂高度が高くなっている。

九州南部の西海上には低気圧に伴う渦状の雲がみられる。この雲は下層の厚い雲で構成されており、主に低気圧の東側に分布している。また、東シナ海から九州~東海地方にかけては上層の薄い雲がかかっている。この付近は上層では東西風となっており、特に気圧の谷や尾根は見当たらない。下層では九州の西に低気圧性の循環があり、また東海から西の太平洋上ではその北側にある寒気の南縁に沿って東から湿った空気が流入しており、これが雲の形成の元となっている。九州から東海にかけての上層の薄雲は、チベット高原付近から東に延びる薄い雲バンドで、ちょうどこの雲の北側には上層の強風軸がある。この雲は強風軸に伴って発生するジェット巻雲と考えられる。

関東地方は沿岸域を中心に下層の小さな対流雲が点在している。これらの雲は午後に入って次第に消えていき、代わって西から上層の強風軸に伴う薄いジェット巻雲が流入してきた。
by y_hirarin5 | 2008-10-03 23:59 | 今日の雲
<< 今日の雲20081004 今日の雲20081002 >>