北海道の南東海上に背の低い高気圧(積雲)


【2011年7月22日午前8時55分】
@横浜市戸塚区
曇り
空の東側を中心に積雲系の雲に覆われている。雲は厚くなっており、雲底に影ができている。

午前9時現在、横浜では気温21.3℃、北北東の風2.6m/s、湿度62%


北海道の南東海上には背の低い高気圧があり、北東風よる寒気移流場となって気温が低い状態となっている。東北地方の太平洋側を中心に背の低い対流雲に覆われている。


◆ 午前9時現在の気圧配置(地上天気図)

 台風6号は小笠原諸島北部付近にあって、南東へ進んでいる。その北の関東の南東海上から停滞前線が、日本の東へ伸びている。一方、北海道の東海上には高気圧があって南東へ移動している。


◆ 午前9時現在の雲と雨(気象衛星:可視、赤外、水蒸気、アメダス降水)

 小笠原諸島北部を中心に台風6号に伴う雲が広がっている。大部分は下層の対流雲で構成されており、本州の南海上に広がっている。中部地方から西は下層の対流雲が広がっている。また、関東から北も太平洋側を中心に下層の対流雲が多く発生している。東北地方から北には北西から伸びる上層の薄い雲がかかっている。

 関東地方は、東部を中心に下層の対流雲が多く発生している。また、東京湾の西側にも濃い下層雲が見える。

 この時間は、北陸と東海、紀伊半島、山陰東部と四国南東部と南西諸島で降っている。午前9時までの1時間に多いところで~30mmの強い雨を観測している。


◆ 午前9時現在の上空の大気の状態
◇各気圧面の高度分布(高層天気図)

 台風6号に対応する上空の低気圧は中層までつながっており、上層には現れていない。中心付近に温暖核を持っており、下層850hPa面には下層の対流雲に対応した湿潤域が台風の周辺に広がっている。一方、北海道の南東海上にある高気圧は高層天気図には現れておらず、ごく背の低い高気圧であることが分かる。高気圧の北東側のカムチャッカ半島の南東には地上低気圧があり、それに対応する上空の低気圧が上層まで続いている。この低気圧の西側の下層850hPa面には寒気が広がっており、そこから東北地方の太平洋側に向けて冷たい空気に覆われている。地上高気圧による北よりの風に伴う寒気移流によるものと思われる。また、南西諸島付近は中層から上層にかけて高気圧に覆われており、そ北側にあたる揚子江中流から九州、関東にかけては西よりの風が吹いている。

 関東地方上空は、下層は850hPa面では北よりの風に伴う寒気移流で冷たい空気に覆われている。一方、中層は西よりの風となっている。この風は等温度線に平行に吹いているために温度移流は発生していない。500hPa面の渦度は負渦度、700hPa面の鉛直流は下降流となっており、深い対流は起こりにくい状態となっている。


◇大気の鉛直構造(高層気象観測データ:館野)

 地上から863hPa高度まで東よりの風が吹いており、863hPa高度から厚さ70mほどの湿潤層が形成されている。この層は下層ほど相当温位の高い対流不安定となっている。持ち上げ凝結高度は894hPa高度で湿潤層のある高度よりも低い。自由対流高度は880hPa高度となっているが、855hPaより上空は空気はおおむねに乾燥しているためにそこで空気の上昇が止められている状態となっている。



------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ

投票してくださったみなさま、本当にありがとうございます。<(_ _)>
[PR]
by y_hirarin5 | 2011-07-22 23:56 | 今日の雲
<< 幻日みえた 梅雨前線が停滞、各地で強い雨(... >>