高気圧は太平洋側へ張り出す~台風4号は対馬海峡へ(積雲)


【2010年8月11日9時09分】
@横浜市戸塚区
上空に薄い雲と、その下に厚みのある積雲が浮かんでいる。積雲は南から北ヘゆっくり移動しながら少しずつ消えていった。
晴れ
午前9時現在、横浜では気温28.0℃、南西の風6m/s、湿度73%


◆ 午前9時現在の気圧配置

 対馬海峡には台風4号があって北東へ毎時30kmで進んでいる。中心気圧は990hPa、中心付近の最大風速は25m/s、中心の南東側370km以内とその他の方位の220km以内では風速15m/s以上の強い風が吹いている。また、台風の北にあたる朝鮮半島から、停滞前線が大陸沿岸の日本海、オホーツク海南部を通って千島の東へ達している。一方、日本のはるか東海上には高気圧があって西北西へ移動している。日本付近は関東から西の太平洋側に高気圧が張り出している。


◆ 午前9時現在の雲と雨

 この時間は、東北地方南部から北陸までの日本海側と近畿地方を除いて全国的に雲がかかっている。九州、四国西部、中国地方西部にかかる雲は台風4号に伴う雲で、特に九州の西側と豊後水道から山口県付近にかかる雲は雲頂高度が高く発達している。また、北海道から東北地方北部にかけては停滞前線に伴う厚くて雲頂高度の高い雲が広がっている。東北地方太平洋側から関東甲信、東海と紀伊半島南部、四国南部にかかる雲は下層の対流雲が主体となっている。

 関東地方は神奈川県や東京都付近などは、多少の対流雲がみられるが他と比べて雲が少なく晴れ間が多くなっている。

 雨はこの時間は、九州と耕地県東部、紀伊半島南部と東海地方、関東地方北部と北海道の東半分で雨が降っている。おおよそ~5mm程度となっているが、台風に近い九州北部や前線に近い北海道では場所によって~20mmや~30mmの強い雨を観測した。


◆ 午前9時現在の上空の大気の状態

 日本付近には、はるか東海上から高気圧が張り出し、等高度線は下層で西南西~東北東方向へ延びている。対馬海峡付近には台風4号に伴う低気圧や気圧の谷があり、主に中心の北側に暖気を伴っている。風は等高度線に沿ってほぼ西南西風が卓越しており、台風に近い九州北部で風速が強まっている。

 関東地方は上空でも高気圧の圏内に入っており、等高度線に沿って下層から中層では南西風が吹いており。一方、上層は北西風となっている。関東地方にはこの風に伴って下層に湿潤空気が流入しているが、それは850hPa面のみで700hPa面より上空は乾燥している。これは、高層気象観測データからも分かる。

※神奈川県や東京都付近で雲が少なかったことに関しては、上空の南西風が箱根山地を越えたことによるフェーン現象を疑っているが、データからまだ確証を取っていないので、調べてまた詳しく書こうと思う。



------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ

投票してくださったみなさま、本当にありがとうございます。<(_ _)>
[PR]
by y_hirarin5 | 2010-08-11 23:59 | 今日の雲
<< 台風4号は日本海を縦断(積雲) 高気圧は東へ後退、台風4号は東... >>