タグ:霧雨 ( 14 ) タグの人気記事

南海上を低気圧が通過(層雲)


【2009年2月23日12時34分】
@東京都目黒区
霧雨
厚い雲が全天を覆っており、そこから細かく弱い霧雨が降っている。
午後12時現在、大手町では気温6.8℃、北の風2m/s、湿度85%

More
[PR]
by y_hirarin5 | 2009-02-23 23:59 | 今日の雲

下層で東よりの風が流入(乱層雲)


【2009年1月22日12時36分】
@東京都目黒区
霧雨
細かい雨が降っている。全天は厚い雲に覆われていて雲底は形や色の濃淡がはっきりしない。
午後12時現在、大手町では気温5.7℃、北北西の風3m/s、湿度84%

◆天気概況:地上天気図

午前9時現在、伊豆諸島の東には低気圧があって東北東へ進んでいる。また、南西諸島付近にも低気圧があり北東へ進んでいる。アムール川中流や黄海北部にも低気圧があり、東西に幅の広い気圧の谷が日本付近へ進んできている。一方、北海道の東には高気圧があって東へ移動している。


◆雲と降水:気象衛星、レーダーアメダス解析雨量他

午後12時半現在、雲バンドが東シナ海から西日本の南海上~関東地方の見海上を通って日本の東に達している。この雲は南側ほど厚くなっており、ところどころに上層まで達した発達した雲がみられる。また、この雲バンドの北側に当たる朝鮮半島南部から日本海西部にかけて雲頂高度の高い薄い雲が延びている。

日本付近は南西諸島を除いて全国的に雲に覆われている。特に九州と四国、近畿地方南部、東海と関東地方南部の雲は厚くなっており、午後1時までの1時間に四国を中心に~5mm程度の降水が観測されている。また、関東地方でも北部や福島県を中心に~1mm程度の降水がみられる。一方、中国地方と近畿地方北部、北陸と北日本にかかっている雲は薄くなっている。

関東地方は南部沿岸域で厚く雲頂高度の高い雲がかかっているが、その北側の雲はそれよりもやや薄くなっている。降っている雨も東部で~1時間に1mm程度と弱いものになっている。


◆高層大気の状態:高層天気図、高層気象観測データ、ウィンドプロファイラデータ他

午前9時現在、昨日モンゴル付近にあった上空の低気圧は中国東北区まで進んできて、それに伴う気圧の谷は渤海から長江中流を通ってチベット高原の南東に達している。この低気圧は中心の北西側に強い寒気を伴っており、5200m付近で-42℃以下となっている。また中層には大陸東岸に沿って気圧の谷が延びている。

日本付近はこの気圧の谷の前面にあたり、西南西風が卓越して下層では湿潤空気が流入している。東シナ海から本州南岸を通って関東地方の東海上に達する湿潤域は雲の厚い領域に対応している。また、この湿潤域の上空には上層の強風軸があり東シナ海南部から東北地方南部に延びている。

関東地方は、下層1km付近で東よりの風が卓越しており、地上気温も午後12時現在では平野部で5~6℃ほどとなっている。高度2kmより上空では西よりの風となっている。降っている雨は霧雨で雲頂高度の低い雲から降っているものと思われる。

------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。
やる気がピヨピヨと沸いてきます。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ

投票してくださったみなさま、本当にありがとうございます。<(_ _)>
[PR]
by y_hirarin5 | 2009-01-22 23:59 | 今日の雲

今日の雲20080930


【2008年9月30日12時38分】
@東京都目黒区
霧雨
細かい雨が降りしきっている。しかし、気象レーダーでは観測されていない。全天は厚い雲に覆われている。
午後12時現在、大手町では気温17.5℃、北の風2m/s、湿度88%

午前9時現在、東シナ海には台風15号があって北東へ進んでいる。中心気圧は990hPa、中心付近の最大風速は23m/sとなっている。また、台風の北側から停滞前線が九州南部を通って日本のはるか東に延びている。沿海州には低気圧があって東南東へ進んでいる。一方、北海道の南東海上には高気圧があって東へ進んでいる。

午後12時半現在では、鹿児島の南西海上に発達した積乱雲がみえる。これは台風に伴う雲で、中心の北東側に分布するもので、一部が九州南部にかかり始めている。そのほかの雲はそれよりも雲頂高度が低く、中~上層雲だと思われる。秋雨前線に伴う雲は東ほど雲頂高度が低く、関東南東海上ではもっとも低くなっている。というよりも、西側の雲は台風から噴出す上層雲がかかっていると思われる。前線の北側には上層の強風軸に伴う巻雲が見られる。台風の中心の西側の雲は雲頂高度が低いものの厚い雲で構成されている。

上空は関東地方では下層で南よりの風が卓越しているが、地上付近では標高の低い茨城県から千葉県、東京、神奈川にかけて日中でも北よりの風が吹いており、この地域上に雲頂高度の低い層雲がかかっており、弱い霧雨を降らせていた。


上層の強風軸は日本海西部から東北地方南部を通っており、この南側に下層の温度集中帯があって前線性の雲バンドが東西に延びている。東シナ海には台風15号が進んできているため、台風の東側では下層で強い南よりの風が吹いて暖湿気流が流入している。これにより大気が不安定になって上昇流が強まり、同地域上で雲が発達している。西日本にかかっている雲は、秋雨前線に伴う雲の上に台風の上層から吹き出す上層雲がかかっているのと、その北側には上層の強風軸に伴う上層雲が延びている。関東地方など東日本では台風からの上層雲が届かないことと、太平洋側から吹き込む湿った冷たい北よりの風の影響で雲頂高度の低い層雲が広がり、弱い霧雨が降った。
[PR]
by y_hirarin5 | 2008-09-30 23:59 | 今日の雲

今日の雲20080911


【2008年9月11日12時51分】
東京都目黒区
弱い雨
弱い雨が降っている。全天が雲に覆われているが、太陽が透けて見えるので高層雲と思われる。
午後12時現在、大手町では気温25.9℃、北北西の風3m/s、湿度56%

午前9時現在、台湾の南東海上には台風13号があって北へゆっくり進んでいる。中心気圧は935hPa、中心付近の最大風速は45m/sとなっている。また、小笠原諸島の東には熱帯低気圧があって北西へ進んでいる。シベリア東部、サハリン北部には低気圧があってそれぞれ東北東と北東へ進んでいる。一方、カムチャッカ半島の南には高気圧があって南東へ進みつつ、勢力を北日本に残している。また、華北には高気圧があって東へ進んでいる。

気象衛星で雲のようすをみると、台湾の南東海上には台風に伴う渦状の雲がある。中心付近は雲頂高度の高い厚い雲に覆われており、また東側にある外側の雲も同様の雲で構成されている。関東の南東海上には熱帯低気圧の雲があり、東北地方南部から関東地方にかかっている。雲頂高度の高い発達した積乱雲は海上にあって、陸地にかかっているものはそこから中層から上層の薄い雲で構成されている。雨は東部の沿岸域で弱く降っているのみになっている。またその西側の茨城県東部から東京都東部にかけてライン状の雨域があり、これがこの後相模湾まで延びてところによって1時間に16mm~相当の雨が降らせた。このレインバンドはこの後次第に西へ移動していった。そのほかの地方はところどころ下層の積雲が出ている程度でよく晴れている。

上空の天気図をみてみると、昨日九州の南海上にあった寒冷低気圧は消えている。しかし、寒気は残っており西日本から東海沖に広がっている。太平洋上には高気圧があって本州の東海上に張り出している。東日本はその西側にあたる。熱帯低気圧はその西の縁に沿って北上している。熱帯低気圧の上空は中層では非常に乾燥している。また、熱帯低気圧の西側の関東地方東部では下層で気温が低くなっている。この気温の低い領域は次第に西へ広がっている。風は全般に北よりとなっており、これは熱帯低気圧の西側にあたるためと思われる。

高層気象観測データを見ると、館野(茨城県つくば市)では高度1300m付近まで東よりの風が入り空気が湿っている。また3000~4000m付近にも湿潤層がみられる。

以上より次のように考えている。
熱帯低気圧の北西側で冷たい北東気流が下層を中心に流入した。このためこの空気の流入している東部沿岸域で弱い雨が降っている。また、冷たい空気とそれよりも相対的に暖かい空気の境界にあたる茨城県東部から相模湾にかけてはレインバンドがみられる。これは、ひとつの推測として水平温度計度の大きい局地前線の発生によって、その周辺で上昇流が強められて周辺に強い雨をもたらしたと思われる。この北東気流は熱帯低気圧の北上に伴って次第に内陸に侵入していったが、午後から夜にかけて内陸部で気温が下がっていったために水平温度傾度が弱まっていった。それにより上昇流も弱まったため降水も弱まっていったものと考えられる。
[PR]
by y_hirarin5 | 2008-09-11 23:59 | 今日の雲

今日の雲20080826


【2008年8月26日12時30分】
@東京都目黒区
霧雨
細かい雨が降っている。それほど強くはない。空はどんよりと曇っており、雲は濃淡が分かる程度で雲底の形は分からない。
午後12時現在、大手町では気温22.2℃、北西の風2m/s、湿度90%

午前9時現在、東シナ海には低気圧があってゆっくり東南東へ進んでいる。停滞前線が華南から低気圧の中心を通って九州の南海上に達している。また日本の南海上には別の低気圧があってほとんど停滞している。一方、オホーツク海には高気圧があって南東へ進み、北から日本を覆っている。

気象衛星の画像で雲の様子をみると、九州の南西海上の東シナ海と四国、紀伊半島南部から南へ延びる雲など、雲頂高度の高い厚い雲が見られる。また、四国、中国地方の東部、近畿、東海、北陸地方にも中層付近の厚い雲が見られる。東北地方から関東地方までの太平洋側には雲頂高度の低い厚い雲が広がっている。

上空の天気図をみると、オホーツク海高気圧に対応する大きな気圧の尾根は高度が低くなってブロッキング高気圧も消滅し、地上高気圧の中心と尾根を結ぶ軸はほぼ垂直になっているため弱まりつつあると考えている。日本付近は、大きく見るとバイカル湖付近の上空の寒冷低気圧を中心とする大きな気圧の谷の東側にあたるために、全般に南西風が卓越している。東日本の太平洋側では、オホーツク海からの高気圧の張り出しにより、地上〜高度1km付近までは東よりの風が吹いている。その東風領域で低い雲が出ている。東シナ海の低気圧は上空に気圧の谷を伴っている。この気圧の谷は中国大陸から南東へ延びているもので、寒気を伴っている。東シナ海には低気圧循環が見られ、低気圧の南側の西よりの風が卓越する付近で空気が湿っており、雲が広がる領域と一致している。東海から近畿地方にかけては、下層で南東風が卓越し、その北側では南よりの風となって近畿地方から北陸地方上空にかけては風が収束している。一方、中層には弱いながらも寒気が流入しているため大気が不安定になって雲が広がっているものと思われる。
[PR]
by y_hirarin5 | 2008-08-26 23:59 | 今日の雲

今日の雲20080823


【2008年8月23日16時40分】
@横浜市港北区
霧雨
厚い雲が全天を覆っており、粒の細かい霧雨が降り始めたところ。遠くの景色は霞んでいて、雲底もぼんやりとしている。
午後4時現在、横浜では気温21.3℃、北の風4m/s、湿度80%

午前9時現在、日本海には低気圧があって東北東へ進んでいる。また、停滞前線が華南から九州、四国を通って四国の南海上に達している。バイカル湖の南東には低気圧があって北北東へ進んでいる。一方、オホーツク海には高気圧があって南西に進み、東日本に張り出している。

気象衛星で雲の様子をみると、日本付近は南西諸島を除いて全国的に雲に覆われている。このうち、紀伊半島から九州までの太平洋上と東シナ海にはところどころ団塊状の発達した積乱雲があり、次第に東へ移動している。また、信越地方や関東地方北部にも小さな発達した雲がみられる。西日本にかかっている雲は中層から上層の雲で、個々の雲は北東へ動きながら全体的に東へ移っている。北海道にかかる雲は北はシベリア東部に達しおり、中層から上層にある層状雲が主体となっている。この雲は全体的に東へ移動している。東北地方から関東地方にかかる雲は下層から中層の層状雲で時間が経過してもほとんど位置は変わっていない。

上空の天気図をみてみると、オホーツク海上空の中層から上層にかけては、深い気圧の谷がある。その西側のシベリア東部には深い気圧の尾根があり、中層ではその中にブロッキング高気圧が形成されている。この気圧の尾根はオホーツク海に中心を持つ高気圧に対応しており、その中心を結ぶ軸が西へ傾いているのが特徴である。またその西側には深い気圧の谷があり、バイカル湖付近から朝鮮半島へと中心に対して南南東へ張り出している。この気圧の谷が日本海西部の低気圧に対応している。この気圧の谷は下層に東側からバイカル湖の東へと北へ延びた湿潤域を持っている。気圧の谷は日本海西部では暖気核を持っており、オホーツク海高気圧から吹き出す寒気との間で温度集中帯を形成している。西日本上空は下層に暖気が流入しているが、中層にかけても温度がやや高いために層状性の雲が多いが、南西諸島付近では中層では中国地方や四国、九州にかけての西日本上空よりは気温が低いために対流不安定の状態が強く、結果として発達した積乱雲が形成されている。東日本上空はオホーツク海高気圧からの寒気の流入に加えて曇っていて日射がないために気温が上がらない。
[PR]
by y_hirarin5 | 2008-08-23 23:59 | 今日の雲

今日の雲20080817


【2008年8月17日16時32分】
@横浜市港北区
霧雨
細かい雨が降っている。雲には濃淡があり、色の濃い部分の一部がもやもやとかすんでいるように見える。
午後4時現在、横浜では気温22.3℃、北北東の風2m/s、湿度89%

午前9時現在、停滞前線が中国南部から長江河口の北、東シナ海、九州と四国から関東までの太平洋沿岸を通って本州の東へ達している。前線上の長江河口の北には低気圧があって北東へ進んでいる。また、本州の東海上には台風11号があって北東へ進んでいる。一方、日本海には高気圧があって東南東へ進んでいる。

気象衛星の画像で雲のようすをみると、前線に伴う雲は、中国南部から長江河口の北側には幅の広い帯状の雲と低気圧に伴う北へ盛り上がったまとまった雲が見られる。しかし、日本付近のものは九州南部に発達した団塊状の積乱雲がいくつか見える程度で、大部分が雲頂高度の低い雲が主体になっている。16時現在では、北海道や中部地方の一部を除いてほぼ全国的に雲が広がっている。東日本にかかっている雲は西から東へ移動しているものの、東北地方から関東地方にかけては時間が経過してもほとんど動かない下層の雲が広がっている。西日本にかかっている雲は、午後の早い時間は小さな積雲が多かったが、西から雲が移動してくるのと同時に次第に厚みのある雲へと成長していっている。

上空をみると、北太平洋から西へ張り出す高気圧は東へ後退しており、本州上は下層に前線に伴う温度集中帯がみられ、その北側には寒気が南下してきている。中国大陸南部の東岸は停滞前線の南東側にあたり、南西風が卓越して暖気が北上している。暖気は停滞前線の東側から西日本に入っているため、九州や西日本の太平洋側を中心に暖気移流場となっている。また、その周辺では空気が湿っており雲の分布に対応している。日本海側の地域は弱いながらも北よりの風になっており寒気が入ってきている。中層から上層にかけては本州上空を寒気を伴った弱い気圧の谷が通過しており、その南側では西風が強くなっている。

関東地方は停滞前線の北側で、地上から高度1km付近までは東よりの風が吹いており、日中でも平野部で22~23℃前後と気温が低くなっている。それより上空では西よりの風になっている。館野(茨城県つくば市)での高層気象観測データを見ると、地上から標高1100m付近までは東よりの風で相対湿度が90%以上と高く、気温も20~18℃とほとんど変化していない。東日本は上空を寒気が通過中で、下層では東よりの風で寒気移流場となり気温が低くなっている。一方、現在東日本の太平洋上では海面水温が20~25度以上となっており、この冷たい空気が温かい海上から熱(顕熱)と水蒸気を補給し低い雲を形成しているものと考えられる。
[PR]
by y_hirarin5 | 2008-08-17 23:59 | 今日の雲

今日の雲20080531


【2008年5月31日12時03分】
@横浜市港北区
強めの霧雨
厚い雲が全天を覆っている。雲底は色の濃い部分薄い分がみられる。また、全体的に視界が悪く1km先のビルがぼんやりと見える。
午後12時現在、横浜では気温13.4℃、北の風5m/s、湿度89%

午前9時現在、中国南部から台湾、南西諸島を通って本州の南海上に梅雨前線が停滞しており、前線上の伊豆諸島付近にある低気圧が東北東へ進んでいる。また、日本海にも低気圧があって北東へ進んでいる。一方、千島付近には高気圧があって南東へ進み、東日本に張り出している。また、長江河口付近にある高気圧は東へ移動している。

気象衛星の画像を見ると、中国の南から本州の南海上にかけて梅雨前線に伴う帯状の低い雲が見られる。ところどころで団塊状になって、雲頂高度も高く発達している。また、日本海北部にある低気圧の北側から東側にかけてと、そこから南へ伸びる雲の帯が東北地方の日本海側から中部、近畿、四国地方にかかっている。雲は、低気圧付近では雲頂高度が高く発達しているが、南側の雲ほど雲頂高度は低くなっている。この雲の西側にあたる中国地方や九州ではわずかに小さな下層雲と上層の筋雲が出ている程度となっている。関東地方から東北地方の太平洋側にかけてはそれらとは別の低い雲がかかっており、雲は東部の海岸付近から本州東海上にかけては発達している。

日本海にある低気圧はその北西側の上空に寒気を伴った低気圧があり、低気圧の南東側では南西風が卓越しており暖気が北上している。一方、梅雨前線付近には温度集中帯があり、東日本の太平洋側では下層で北東風が卓越して寒気移流場になっているため東海から関東地方の南海上付近では温度の水平傾度が大きくなり前線が発達している。関東地方から北の太平洋側の雲は下層への東よりの風に伴い発生した層雲と、その上空で南風による暖気移流で広がった中層から上層の雲で構成されている。地上付近の雨は下層の層雲からのものと考えられる。
[PR]
by y_hirarin5 | 2008-05-31 23:59 | 今日の雲

今日の雲20080529


【2008年5月29日12時31分】
@東京都目黒区
霧雨
どんよりとした雲が空を覆っている。雲は2層以上あり、上の層は白く表面が滑らかな雲、下の層はもやもやとした灰色の小さな雲(ちぎれ雲)がある。
午後12時現在、大手町では気温16.9℃、南東の風3m/s、湿度85%

午前9時現在、梅雨前線が中国南部から西日本の太平洋岸に沿って伸びており、前線上の紀伊水道付近に低気圧があって東へ進んでいる。東海から西の地方は気圧の谷の中にある。一方、東日本はオホーツク海に中心を持つ高気圧が張り出している。

午後12時半現在では、低気圧や前線に伴う雲は、雲頂高度の高い活発なものの大部分が太平洋上にあり、一部が静岡県から関東地方の南部にかかっている。一方、陸上にかかっているのは雲頂高度の低いものが主体で静岡県から東北地方の太平洋側では特に雲が厚くなっている。雨は降り方は弱いもののこの低い雲から降っている。西日本は前線から離れている中国地方や四国でも下層の厚い雲に覆われているところがある。
[PR]
by y_hirarin5 | 2008-05-29 19:09 | 今日の雲

今日の雲20071009


@東京都目黒区
曇り
弱い霧雨が降っている。
どんよりとした雲に覆われている。雲底はぼんやりしていて輪郭は分からない。
午後12時現在、大手町では気温18.5℃、北東の風3m/s
湿度78%

午前9時現在、オホーツク海には低気圧があって東へ異動している。中心の東から寒冷前線が関東南東海上まで伸び、そこから停滞前線が日本の南岸を通って九州を横切り、東シナ海にある温帯低気圧の中心を通って台湾の北に達している。
一方、華北とバイカル湖の南には高気圧があって東へ移動している。
また、本州の南海上にも高気圧があってほとんど停滞している。

午後12時半現在、本州南岸には前線に伴う帯状の雲があり、九州の西には台風15号から変わった温帯低気圧に伴う活発な対流雲が迫っている。
関東地方上空は厚い層状の雲がかかっているが、高層気象観測データやウィンドプロファイラデータを見る限りでは、この時間は下層から高度6km付近まで湿った空気の層に覆われていると考えられる。

午前9時現在の高層天気図からは九州の西にある温帯低気圧は850hPa高度(1500m付近)までしか高さのない背の低い低気圧で、上層の寒気が南下してきていないこと、上層には低気圧に伴う気圧の谷がないことなど、これ以上発達する要素がないように思う。しかし、そもそも台風としての熱を膨大に持っているので油断は禁物。
[PR]
by y_hirarin5 | 2007-10-09 12:56 | 今日の雲