タグ:積乱雲 ( 14 ) タグの人気記事

快晴の空に突如として現れた厚い雲(気圧の谷通過)


【2011年4月25日午後1時33分】
@横浜市戸塚区
午後1時現在、横浜では気温18.8℃、南西の風7.6m/s、湿度30%

 午前中は雲ひとつ見えない青空が広がっていた。また、強い南よりの風が吹いて干した洗濯物が飛ばされそう、布団は吹っ飛びそうなほど。それが午後1時過ぎて曇ってきた。空を見ると、厚い積雲系の灰色の雲。しかし、東や南の空の低い部分はきれいな青空が見えていた。この雲は1時間もしないうちにどこかへ行き、快晴ではないものの雲の少ない青空に戻った。


◆ 午後1時現在の雲と雨(気象衛星:可視、赤外、水蒸気、アメダス降水)

 北海道の西半分から東北地方にかけては雲頂高度の高い厚い雲が広がっており、岩手県付近から一本のライン状の雲が東北地方、関東地方の太平洋側を通って伊豆半島付近まで伸びている。この雲はひときわ厚く雲頂高度が高い対流雲で、徐々に南東へ移動している。


◆ 地上風の分布(アメダス風):収束域と雲との関係

 地上風の分布を見ると、午前中は関東内陸部で北よりの風が吹いているが、神奈川県や千葉県の南部沿岸域で南西風が吹いており、ところにより10m/s前後の強い風が吹いていた。これらの間の茨城から東京、埼玉にかけては風の収束域があった。ただし、この収束域は気象衛星でみたライン状の雲の位置とは無関係に存在している。この収束域は午後1時ごろまで見られた。


◆ 気圧配置(地上天気図:午後12時現在、高層天気図:午前9時現在)

 地上天気図でみると、午後12時現在で沿海州に低気圧があり、そこから南へ気圧の谷が伸びていた。高層天気図をみると、その西側のシベリア東部に地上低気圧に対応する上空の低気圧がある。この低気圧は中心の南東側から気圧の谷の軸付近に寒気を伴っており、500hPa面で-30℃以下となっている。関東南部では同気圧面で-24℃となっている。風は気圧の谷の前面ということで、全層で南西風が吹いており、乾燥した空気が流入している。また下層は弱い暖気移流場となっている。


◆ 大気の鉛直構造(高層気象観測データ:館野)

 下層は地表に近いほど相当温位が大きく対流不安定の状態になっている。これは比較的相対湿度が高いことによる。また、午前中は晴れて気温も上がったので、対流不安定の状態はさらに強まったものと思われる。持ち上げ凝結高度は903hPa高度で、対流不安定層の中にある。自由対流高度は859hPa高度となっており、高度としては高い。


◇ まとめ

 地上から上層へと続く背の高い気圧の谷が午後にかけて東日本を通過した。気圧の谷に伴って発達したライン状の積乱雲が通過し、それに伴って各地で強い雨を観測した。神奈川県東部は、午後1時半頃に厚い雲に覆われたものの雨は降らず、その後急速に晴れていった。

 各種資料を見ると、関東地方は下層は対流不安定の状態にあるものの、南よりの風に伴って下層に乾燥した空気が流入していたために雲は発生せず、午前中は良く晴れていた。地上風は南部沿岸域で強い南西風、内陸域では北よりの風が吹いており、埼玉、東京、茨城県付近に風の収束域ができていたが、これは気圧の谷とは特に関係なく分布していた。午後に入り、気圧の谷が通過。それに伴って発達した積乱雲が通過し、その雲から雨が降った。

 上空には寒気が流入し、地上付近も晴れて気温が上がったが、気圧の谷近傍以外で雲が発生しにくい状態だったのは、強い南風に伴って乾燥した空気が継続して流入していたからと考えている。



------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ

投票してくださったみなさま、本当にありがとうございます。<(_ _)>
[PR]
by y_hirarin5 | 2011-04-25 23:59 | 今日の雲

東海上に高気圧、下層へ湿潤空気の流入(積乱雲)


【2010年8月9日9時02分】
@横浜市戸塚区

厚い雲が全天を覆っており、そこから雨が降っている。雲の表面には凹凸があり、その雲の下層には小さなちぎれ雲があって南から北ヘゆっくりと移動している。
午前9時現在、横浜では気温25.0℃、南の風3m/s、湿度82%


◆ 午前9時現在の気圧配置

 南西諸島付近には台風4号があって北北東へ毎時25kmで進んでいる。中心気圧は990hPa、中心付近の最大風速は23m/sとなっている。また、停滞前線が渤海の北から沿海州を通って日本海北部に達している。一方、千島の東に高気圧があって東南東へ移動している。また、日本の東海上に別の高気圧があって北東へゆっくり移動している。東日本はこれらの高気圧に覆われており、西ほど気圧が低いため、等圧線は南北に走っている。


◆ 午前9時現在の雲と雨

 この時間は東日本と東海、東海から西の太平洋側の地域、南西諸島付近に雲が広がっている。このうち、東北地方の日本海沿岸と関東地方には発達した積乱雲が見られる。また、南西諸島付近の雲は台風4号に伴う雲で、九州周辺にかかっている雲は台風の外側の積乱雲の一部と思われる。

 関東地方では、南の伊豆諸島付近や千葉県南部付近にいくつか発達した団塊状の積乱雲があり、雲の中心のほとんどは海上にある。内陸部は北ほど(関東地方では北部ほど)雲が薄くなっている。午後になってこの雲は東へと抜けていくが、下層雲はそのまま残ったため1日中曇天が続いていた。


 雨は、この時間は南西諸島や関東から西の太平洋側と秋田県や青森県の日本海沿岸域、北海道北部で降っており、午前9時までの1時間に~10mm、秋田県の男鹿半島付近では~50mmの雨を観測している。


◆ 午前9時現在の上空の大気の状態

 大まかには昨日と気圧配置はほとんど変わっていない。日本の東海上の高気圧は上層まで達する暖かく背の高い高気圧で、上層300hPa面では西側のチベット高気圧と繋がっている。変わった点は300hPa面に見られた西日本上空の寒気を伴った気圧の谷が小さくなったこと、南西諸島付近の台風4号に伴って上空の低気圧が見られることが挙げられる。

 前者による影響は、上空の気圧の谷と寒気が弱まっていることで、中層から上層にかけて南よりの風が西よりの風にシフトしたこと。850hPa面や700hPa面の下層風は東日本上空は高気圧の西の縁に当たるために、南よりの風が卓越し南から湿った空気が流入している。500hPa面では関東地方南部では負渦度場になっているが、700hPa面では下層への湿潤空気の流入により上昇流場となっており、下層を中心に対流不安定の状態になっている。大気の鉛直構造をみると、高層気象データの館野(茨城県つくば市)では990hPa高度(230m付近)以下の下層と620hPa高度から540hPa高度(4200m~5300m付近)に湿潤層があり、気象衛星で見えているのは5000m付近にある中層雲と思われる。

写真の雲は2種類あり、1つは全天を覆う厚い雲、1つは下層の積雲(ちぎれ雲)と見られる。前者は南海上の積乱雲の北側に広がる雲でこの雲から雨が降っていた。後者は高層気象観測データでもあったとおり、下層の南よりの風に伴う湿潤空気の流入によるものと考えられる。




------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ

投票してくださったみなさま、本当にありがとうございます。<(_ _)>
[PR]
by y_hirarin5 | 2010-08-09 23:49 | 今日の雲

梅雨前線の南下と下層の強い暖気移流(積乱雲+積雲)


【2009年8月7日12時25分】
@横浜市港北区
晴れ
いろんなタイプの雲が出ている。遠くに白く輝く背の高い雄大積雲。濃い灰色の高積雲や積雲。積雲は南から北へ比較的速い速度で移動している。
午後12時現在、横浜では気温30.4℃、南西の風6m/s、湿度69%

今日は、午後から夜にかけて強いエコーが関東地方北部から南部へと移動し、東京や埼玉では一時大雨洪水警報が出るなど、一部で強い雨をもたらしました。横浜では、夕方にかけて厚く垂れ込めた雲(もう、大雨を降らす気満々な感じの不気味な雲・・・^^;)が北から移動してきましたが、あまり強く降ることもなく、レーダーエコーでは午後9時過ぎには強い雨雲は東の海上へ去っていきました。

この強い雨は、天気図をみると梅雨前線として描かれていました。この梅雨前線を挟んで南側の関東地方南部では強い南西風、北側では北よりの風で、その間の埼玉や東京周辺では強いシアーラインが発生しました。気象衛星の画像で見ると、夕方5時ごろでは既に小さな団塊状の積乱雲が3つ発生しており、レーダーエコーを見ても付近で強い雨をもたらしていました。

さて、この強い雨をもたらした雲は、時間をさかのぼると夕方の4時~4時半の間に急激に発生・発達し積乱雲へと成長しています。お昼ごろには北陸から関東地方北部にかかっていた梅雨前線は、時間の経過に伴って次第に南下し、夕方ごろには関東地方南部を東西に横切っています。このようすは気象衛星の画像でもはっきり見ることができます。雲は前線の北側に広く分布していましたが、個々の雲は発生~発達~消滅を繰り返しながら西から東に、雲全体としては南へ移動しています。そして夕方ごろには雲域の南端にあたる関東地方南部周辺で、積乱雲として急激に発達しました。

上空の風の変化をみてみますと、お昼ごろには全般に南西風でしたが、時間の経過に伴って北から徐々に来た風は入り始め、夕方には房総半島上空で南西風、関東地方のそのほかでは北よりの風が観測されました。一方、地上風は関東地方南部沿岸域を中心に南よりの風が卓越していましたが、内陸部では既に北よりの風となっていました。この段階で関東地方北部では雨が降り始め、また南部でもところどころで範囲の狭い降水域が現れてはすぐ消える状態が夕方にかけて続いていました。この南よりの風に伴って気温があがり、南部から埼玉県など内陸部では南側では30℃以上となりました。ただ、夕方にかけて降水域が北から移動してきたこと、降水域の北側では北よりの風が吹いていたこともあり、内陸部では気温は下がってきましたが、降水域の南側の南部沿岸域では内陸部と比べて気温の下がりは小さく、いま(午前2時)時点でもまだ蒸し暑く感じます(私が^^;)

さて、長くなりましたが、写真の雲は遠くに積乱雲と、気になるのは南から北へ移動する小さな積雲です。こんな感じでいろんな高さの雲が混じっているときは悪天になりやすいと言われています。また、小さな灰色の積雲が南から北へ速い速度で移動していたので、下層で強い暖気移流が発生していたことを示しています。一方で、上空は高層天気図をみると、500hPa面で太平洋から日本海へと高気圧が張り出しており、付近に気圧の谷も寒気もありませんでした。下層は東北地方から南の広い範囲で南よりの風となっており、また上昇気流場となっていました。このような状況で北から前線が南下して来たために雲が発達したものと思われます。ちなみに、写真の積乱雲は時間から考えて、夕方に東京や埼玉で強い雨をもたらした雲ではありません。こういった雲の寿命はせいぜい1時間程度で、発生~発達~衰弱を繰り返しながら条件のそろったものだけ、積乱雲へと成長しまた、組織化して強い雨をもたらすのです。^^
[PR]
by y_hirarin5 | 2009-08-07 23:59 | 今日の雲

寒冷前線の通過(積乱雲)


【2009年3月20日9時03分】
@横浜市港北区

ちょうど大粒の雨が降り出したところ。南の空はもくもくとした房状雲だが、北の空は雨で雲底が霞んでいる。
午前9時現在、横浜では気温16.0℃、南西の風8m/s、湿度81%
雨が降り出してから気温が下がり始めている。

More
[PR]
by y_hirarin5 | 2009-03-20 23:59 | 今日の雲

深い気圧の谷に伴う暖気移流と強い雨(積乱雲)


【2008年10月24日12時39分】
@東京都目黒区
強い雨
厚い雲が全天を覆って、全体的に暗くなっている。その雲から粒の大きい激しい雨が降っている。一部に雲の色の濃い部分があるが、このちぎれ雲は南から北へ速い速度で移動している。
午後12時現在、大手町では気温22.4℃、南の風3m/s、湿度85%

午前9時現在、紀伊半島南部には前線を伴った低気圧があって東北東へ進んでいる。また、沿海州にも低気圧があり中心から延びる温暖前線が津軽海峡付近、寒冷前線が山陰沖に達している。他、アムール川中流付近とバイカル湖の東にも低気圧があり、日本付近はこれらを結ぶ深い気圧の谷の中に入っている。一方、黄河中流付近には高気圧があって東南東へ移動している。

午後12時半現在は、日本付近の2つの低気圧に伴う雲域は東日本に移ってきている。このうち、雲頂高度が高くて発達した雲は日本海北部から北海道と三陸沖、また東北地方南部の太平洋側から関東地方、東海地方と紀伊半島付近に延びている。また、東北地方から近畿地方の日本海側にある雲は雲頂高度が低く、大部分が下層雲で構成されている。西日本はこれらの雲が遠ざかり日本海側では下層の積雲、四国から九州南部にかけては薄い上層雲がかかっている。この時間の雨は私のいる東京都目黒区某所付近では激しく降っており、気象レーダーの画像で確認すると北東から南西に延びる強いライン状の降水帯の下にある。また、東北地方南部から関東地方北部の太平洋沿岸域でも強い雨が降っているが、これらは雲頂高度の高い発達した雲の下でみられる。また、中部地方から北の日本海側でも1時間に5~10mmの強い雨を観測しているが、こちらは下層雲から降っている。

これらは雲域の東進に伴って次第に東へ移動しているが、東海沖から伊豆半島、関東地方南部にかけては夕方に再び強い雨が降ったところがあり、こちらもライン状の降水帯によるものとなっている。

上空の天気図をみると、2つの低気圧の南側にあたる東海から東の地域で南よりの風が強くなっており、強い暖気移流場となり湿った空気が流入している。一方、近畿地方から西側では西よりの風が卓越している。ウィンドプロファイラデータで午後12時現在のものを確認しても同様だが、特に風速20~30m/sの風の強いところと強い降水域が一致しているように思う。このような上空の強風域はそれより下の大気が水平方向に強い温度勾配を持つときにみられるが、午後12時現在のアメダスの気温分布をみると、神奈川県南部や千葉県で24℃前後、一方では栃木県・群馬県・埼玉県など内陸で18℃前後となっている。雨はその境界にあたる地域で強く降っている。風の分布をみると気温の高い南部から東部沿岸域では強い南西風が卓越しているが、内陸部では北西風の弱い風となっており、内陸で冷えた空気が流出していることを示している。



------------------
日本ブログ村のランキングに参加しています。
よければクリックをお願いします。
やる気がピヨピヨと沸いてきます。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
[PR]
by y_hirarin5 | 2008-10-24 23:59 | 今日の雲

今日の雲20080829


【2008年8月29日12時30分】
@東京都目黒区
曇り
晴れ間が見えているが、積雲系の雲が多く出ている。青空は薄い雲のために白っぽく見える。
午後12時現在、大手町では気温28.2℃、東北東の風2m/s、湿度67%

午前9時現在、九州の南東海上には低気圧があって南南東へ進んでいる。また、停滞前線が山口県から中国地方を縦断し、日本海沿岸を通ってオホーツク海に達している。一方、朝鮮半島の北には高気圧があって南東へ移動している。また、カムチャッカ半島の南東海上にも高気圧があってほとんど停滞し、オホーツク海と東日本の太平洋側へ張り出している。

気象衛星で雲のようすをみると、日本の東海上、関東地方から東北地方にかけて、北海道の西方海上、近畿から東海地方にかけては発達した積乱雲の雲バンドがかかっており、主に南から北へ移動している。このうち、関東地方から東北地方上空にかかっていた雲バンドは日中にかけては弱まり、薄い上層雲と下層の小さな対流雲が点在するだけとなった。しかし、夕方にかけては房総半島上空で再び雲が発達し、直下の地域に大雨を降らせた。近畿から東海地方にかけては、昼過ぎから夕方にかけて西から大きな団塊状の積乱雲が移動し、この雲に覆われた。全体的には、西日本上空にかかっている雲は雲頂高度の高い雲は南西から北東方向へ移動してきているが、東日本にかかっているものは、雲頂高度の高い雲は日中にはいったん弱まっている地域もあるが、雲の南端部で次々と発生し、それがそのまま北へ移動している。そのため、狭い範囲ではあるが同じ地域を発達した雲が何度も通過しているため、強い雨や雷が鳴りその後いったん弱まり、その後にまた強い雨や雷と状況が続いている。
[PR]
by y_hirarin5 | 2008-08-29 23:59 | 今日の雲

今日の雲20080805


【2008年8月5日12時32分】
@東京都目黒区
激しい雨
雷を伴う激しい雨から20分後、少し雨が弱まったころの写真。空全体が薄暗く、ときどき雷鳴が聞こえた。そのあたりの雲を撮ってみた。表面が滑らかで面白みがないように見えるが、雲底がかすんでいるときはその下で雨が降っていることを示している。
午後12時現在、大手町では気温27.7℃、西北西の風6m/s、湿度79%

午前9時現在、停滞前線が関東地方南部から北東方向へ伸びている。また、小笠原諸島の西には低気圧があって西へ進んでいる。一方、日本海には高気圧があってほとんど停滞している。

気象衛星で雲のようすを見ると、午後12時半現在で、千葉県から茨城県南部にかけてと福島県南部には団塊状の積乱雲があり次第に発達している。また、雲頂高度が低いものの関東地方南部には厚い小さな対流雲がみられる。東部沿岸域から東北地方にかけては上層雲がかかっている。その他の地方でも小さな下層の対流雲がみられる。このあと、四国、紀伊半島と東海、関東地方南部を中心に積乱雲へと発達する雲がいくつもみられた。いずれも停滞前線に沿う形で発生、発達している。

上空は、東西に広がる高気圧に覆われており、下層では南よりの、中層から上層にかけては西よりの風が卓越している。また、関東地方上空には湿潤空気がみられる。下層では停滞前線に伴うような温度集中帯はみられない。

地上風を見ると、関東地方の東部沿岸域から東よりの風、南部から南よりの風が入り前線付近の東京湾周辺域で風が収束している。気象レーダーで雨雲のようすをみると、特にこの収束域で激しい雨が降っていた。
[PR]
by y_hirarin5 | 2008-08-05 23:59 | 今日の雲

今日の雲20080726


【2008年7月26日9時33分】
@鹿児島空港
やってきました鹿児島空港。厚い雲に覆われている。幅の広い積雲系の雲でその隙間から青空と太陽がときどき見える。
午前9時現在、鹿児島空港近くのアメダス地点の溝辺では、気温26.6℃、東北東の風1m/s

午前9時現在、停滞前線が対馬海峡から日本海、東北地方南部を通って、本州の東海上に達している。また、南西諸島の南には台風8号があって西へ進んでいる。一方、日本海北部には高気圧があって東へ進み、北日本を覆っている。また、北太平洋上の高気圧が西日本へ張り出している。

気象衛星の雲のようすを見ると、対馬海峡から日本海、東北地方南部を停滞前線に伴う雲の帯が伸びている。このうちで日本海西部のものは大きな団塊状の積乱雲で上層の薄い雲が周辺に見られる。東北地方南部にかかる雲は下層の雲が主体で、ところどころに雲頂高度の高い発達した小さな積乱雲が見られる。また、この雲の南北の東北地方北部や関東地方にも下層の雲がかかっており、夕方にかけて山岳域を中心に積乱雲に発達している。南西諸島の南には台風8号に伴う渦状の雲がみられ、その外側の雲バンドが九州南部、四国、紀伊半島の南を通って東へ伸びている。この雲バンドはところどころ小さな積乱雲があり、次第に北上しながら午後にかけて急速に発達している。その他の地方は山岳域を中心に下層の積雲が見られる。
鹿児島県は雲バンドの下にあり、発達した対流雲は下から見れば写真のとおりになっている。

上空のようすは、太平洋から張り出す高気圧が西日本を覆っており、この高気圧を回り込むように南西諸島や九州では南よりの風、それ以外の西日本上空では南西風、東北地方では西よりの風になっている。また、その周辺の南西諸島、朝鮮半島の付近、北日本のそれぞれ低気圧が見られる。西日本の高気圧は暖かく、北日本を通過する寒気を伴った気圧の谷との間に温度集中帯を形成し、周辺に湿潤空気を伴っている。これが停滞前線に対応している。日本海にある発達した大きな積乱雲は、その西側にある寒気を伴った上空の低気圧によるものと考えられる。九州南部から四国にかけてかかる雲バンドに対応する風の収束や湿潤空気の流入などの現象は特にみられない。総観スケールでは解析できないより小さな現象かもしれない。
[PR]
by y_hirarin5 | 2008-07-26 23:59 | 今日の雲

今日の雲20080708


【2008年7月8日12時33分】
@東京都目黒区
曇り
雨は降っていないが、今にも降りそう。午前中はときおり激しい雨が降った。気象庁レーダーで雨雲の動きを見ると、南北に連なるライン上のエコー(降水域)が少しずつ北から南へ移動して行っていた。北の空は下が真っ暗になっていたが、東や西の空はもくもくとした対流雲の隙き間から青空が見えていた。たまに日差しもあったが、もともと湿度がある分余計に蒸し暑い。
午後12時現在、大手町では気温25.7℃、南の風3m/s、湿度72%

午前9時現在、朝鮮半島には高気圧があって北へ移動している。日本付近ははるか東海上から張り出す高気圧に覆われている。
しかし、気象衛星の画像を見ると、東日本を中心にところどころで発達した対流雲がかかっており、強い雨をもたらした。東京でも10時頃には激しい雨となった。この雲は北陸方面から少しずつ南下し、12時半現在では主要な雲の大部分は太平洋上に出たが、甲信地方や関東地方南部、静岡県方面には一部が残っている。また、雲頂高度が低いものの厚い雲が北海道から中国地方までの広い範囲を覆っている。しかし、ところどころ晴れている部分もある。(あいまいな表現...。)

地上天気図では昨日と気圧配置はほぼ同じで日本の東西にある高気圧が両サイドから覆っているように見える。しかし、上空の気圧配置をみると、その間の日本海から北陸にかけて南北に伸びる細長い気圧の谷があり、それに沿って西側では北よりの風、東側の北海道以北では南よりの風になっている。東北地方から関東地方にかけては上層まで北よりの風が卓越しているため、南よりの風となっているのはごく下層のみと言える。この風に伴って北から発達した対流雲が移動し、各地に大雨を降らしながらも南海上へ過ぎて行った。

地上から見上げる空は、全天が雲に覆われている場合は積乱雲か乱層雲かは判断できないので、判別は気象衛星の画像からになる。しかし、今日のように雲に隙き間がある場合は、雲の表面で対流雲(積乱雲)か多層の層状雲(乱層雲)か判断できる。
[PR]
by y_hirarin5 | 2008-07-08 23:59 | 今日の雲

雲の種類:積乱雲


【2008年7月4日18時59分】
昨日と同じ場所からの眺め。大きな積乱雲と雲頂付近に鉄床(かなとこ)雲が見える。

写真を撮った方角は北北西。気象庁の気象レーダーで確認すると、この時間には群馬県南部に強いエコー(=激しい雨を表す)が見られる。また気象衛星でも小さいながらも積乱雲があり、前橋では20時までの1時間に36.5mmの激しい雨を観測している。
気象衛星の画像を見る限り、この激しい雨をもたらした積乱雲は17時頃から群馬県県南部で急速に発達し始めている。その後、時間の経過と共に少しずつ南南東へ移動して埼玉県内でも激しい雨をもたらした。21時過ぎには東京都内へ入ってくるものと埼玉県内に残るものがあり、前者はその後急速に衰弱し、後者は県内を北北西方向へ移動しその後衰弱している。現在(22時半現在)では群馬県内に一部激しい降水域が残るのみとなっている。
また、この他にも栃木県から茨城県方面でも線状のエコーが見えていた。

さて、写真の雲はちょうど19時頃のもので、群馬県と埼玉県の県境付近にあるものを撮ったと思われる。雲頂付近には廂のようになっている鉄床が見られ、雲は対流圏圏界面に達していることを示している。写真を撮ったところから雲までの距離は直線距離でおよそ100km。一方、今日の圏界面高度は関東北部では15kmに達している。100km先で高さ15kmのものを見た場合、地球が丸いということも含めて仰角は8°ほどになる。ほとんど真っ直ぐ正面をみているような感じだ。

今日は上空には、沿海州から日本海中部にかけて気圧の谷があり、その前面の東日本上空では全般に南西風が卓越した。それに伴い湿った空気が下層に流入し、一方で、上空の気圧の谷に伴って寒気が流入していた。このため大気は対流不安定の状態になり、今日の午後は主に東日本の広い範囲で下層の小さな対流雲が見られた。これが夕方頃には関東地方北部の山岳域で積乱雲として急速に発達し関東北部などで幅数十キロのごく狭い範囲に短時間に強い雨をもたらした。
また、積乱雲として気象衛星に現れる前の16時頃でも、気象レーダーのデータを確認すると、たくさんの小さな強いエコーが見られた。
[PR]
by y_hirarin5 | 2008-07-04 22:17 | 雲のあれこれ