<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

寒い朝(層雲)

e0124387_22294552.jpg

【2015年12月2日午前9時04分】
@横浜市戸塚区
曇り
全天を厚い雲が覆っている。雲底は輪郭がぼんやりしていて、雲の濃淡が分かるだけとなっている。
雨は降っていない。

午前9時現在、横浜では気温9.8℃、北の風3.8m/s、相対湿度61%

◆ 午前9時現在の気圧配置(地上天気図)
関東の東には高気圧があって南東へ移動している。一方、南西諸島付近や中国東北区には低気圧があり、これらを含め南北に伸びる気圧の谷が西から近づいている。

降水の分布をみると、午前9時までの1時間に南西諸島や九州北部で〜5mm以下、場所によって20mm程度となっている。

◆ 雲の分布と動き:午前9時現在とその前後1時間程度で比較

日本海から朝鮮半島、華南にかけて帯状の雲が伸びている。また、その一部が北海道にかかっている。また、九州南部から南西諸島にかけても雲が広がっており、これらの雲は雲頂高度が高くて厚くなっている。また、東北地方南部の太平洋側から関東、伊豆諸島付近にも雲が広がっているが、こちらは雲頂高度が低い雲となっている。


◆ 午前9時現在の上空の大気の状態
◇各気圧面の高度分布(高層天気図)

・850hPa面
カムチャッカ半島の南と中国東北区に、地上低気圧に対応する低気圧がある。これらの低気圧の前面には南西の風に伴って暖気が流入しており、とくに中国東北区の低気圧の前面にあたる関東から西の地方では暖気移流場となっている。また、温度集中帯に沿うように華南から朝鮮半島、中国東北区にかけて湿潤域が伸びている。また、関東南部から伊豆諸島の東海上にかけて別の湿潤域が見られる。

・700hPa面
カムチャッカ半島の南と中国東北区に低気圧があり、日本付近は弱い気圧の尾根の中にある。中国東北区の低気圧の前面では西南西~南南西の風が吹いており、華南から朝鮮半島付近と九州の西から南西諸島にかけて湿潤域が広がっている。関東地方上空は温度移流はほとんどなく乾燥した空気が流入している。

・500hPa面
カムチャッカ半島の南と中国東北区に低気圧があり、後者は中心付近に-36℃以下の寒気を伴っている。この低気圧の南東側は南西の風が強く吹いており、寒気のすぐ東側には暖気が流入している。日本付近は強い西よりの風が吹いており、西日本は暖気移流場になっているが、東日本では温度移流はほとんど起こっていない。空気は非常に乾燥している。

・300hPa面
カムチャッカ半島付近には低圧部、中国東北区には低気圧があり、強風軸が低気圧の南側のチベット高原付近から渤海付近を通って日本海に達している。

関東地方上空は地上付近では北東風が吹いているおり寒気が流入しているが、850hPa面では南よりの風で暖気が入っており、700hPa面より上空では西南西風で温度移流はほとんど起こっていない。この高度付近では南よりの風が吹いており、この風に伴って湿った空気が流入していると思われる。

◇大気の鉛直構造(高層気象観測データ:館野)

湿数3℃以下:943hPa高度(高度709m)~785hPa高度(高度2191m)南~南南西の風による湿潤空気の流入
地表付近:温位が低く、北よりの風が流入して気温が低いことによる
湿潤層の上、783hPa高度(高度2522m)より上空は相対湿度が低く空気が非常に乾燥している。


◆まとめ
中国東北区の地上低気圧は上空に強い寒気を伴っており、低気圧の南東側の下層の温度集中帯やその上空は湿潤域が広がっており、気象衛星で見た雲の帯に対応している。一方、関東付近にあった下層雲は850hPa面にある湿潤域に対応している。
関東地方は地上付近は北よりの風が吹いていて気温が低いが、そのすぐ上は東よりの風、湿潤層あたりでは南西の風が吹いている。地上付近の気温が低くて相当温位も小さく、対流が起こりにくい状態になっており、湿潤層は南西風あるいは南から湿潤空気が運ばれたことによるものと思われる。


------------------日本ブログ村のランキングに参加しています。よければクリックをお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
投票してくださったみなさま、本当にありがとうございます。<(_ _)>

[PR]
by y_hirarin5 | 2015-12-02 23:59 | 今日の雲