カテゴリ:Excite Bit コネタ(気象ネタ)( 4 )

天気の判断は?

「晴れ」と「くもり」の境目ってどこにあるの? | Excite エキサイト

毎日空を見ている身としては思わず苦笑いしてしまう話題だな〜、というのが正直なところで。^^;

晴れと曇りの境界は、記事にもある通り、全天を10分割してそのうち9割を雲が覆っている場合は曇り、8割なら晴れということになっている。
ちなみに晴れと快晴の境界は、雲が全天の2割以下の場合が快晴になる。

私が今日の雲記事を上げるときの天気(快晴、晴れ、曇り)の判断はこれに基づいている。
青空にぽっかり白い雲が1つ2つ浮かんでいるような場合は、雲の大きさにもよるが快晴にしているし、空の大部分を雲が覆っていて太陽が隠れていても青空の割合が3割ぐらいあれば晴れにしている。
・・・もっとも、空を10分割ってどう分割するの?って話にこだわるほど正確には見ていないので、ぶっちゃけ大体なんですな。^^;;

実例??を挙げると・・・

写真に撮るともちろん全天が写らないのだが、仮に写っている範囲を全天とした場合、
↓は曇り


↓は、んんん〜〜〜悩ましすぎる..か、快晴?


っちゅー感じですかな?^^;


さてさて、天気を判断する際で一番困ったのが、薄曇りのとき。
薄曇りと言うと薄い雲が太陽を覆っている場合なのだが、その中でも種類があって、地面を見た場合に日向日陰の区別ができるくらいとまったく区別ができない場合がある。
これは10種雲形で分類するときにも参考になって前者は巻雲、巻層雲など上層雲、後者は高層雲としている。
# もちろんきっちり区別できる訳ではない。雲の形、厚さ、太陽の透け具合も雲形判断の材料になる。
記事中の文章から言えば、前者の場合は雲が覆っているのに晴れと判断することになる。
薄曇りと言っているのに晴れの場合もあるのだからムズカシイ。。

毎日生活する上では晴れと言えばお日様が照っている状態(洗濯物がよく乾く♪布団を干せばふっかふか♪)、曇りと言えばお日様が照っていない(洗濯物が乾きにくい|||)で良いと思っている。
まぁそれくらいでもいいかなぐらいで〜。^^;
[PR]
by y_hirarin5 | 2008-02-23 14:22 | Excite Bit コネタ(気象ネタ)

ぱらぱらと降る雨

晴れているのに雨がパラパラ……お天気雨の正体とは Excite Bit コネタ

晴れているのに雨がパラパラ

こういうときって、きっと降水確率も低いんでしょうが、そもそも、降水確率は『(1時間あたり)1mm以上の』という大前提が付いているので、1mm以上の雨が降らなければいけない。

『でも、1mmもの水が溜まるのに雨粒が何個必要なんだろう???』

・・・・ということを数年前に考えたことがありまして。。。。
今改めて見ると摩訶不思議な思考をしてますな。
でもこの際おもしろいので考えてみませう♪

さて、いきなり1mmと言っても例えば公園いっぱいの敷地に降る雨を考えてもあまりピンとこないでしょうから、自分が立っている範囲で計算しやすいように1m2あたりに降る雨を考えてみましょうか。

雨粒の大きさは細かい霧雨から積乱雲のような発達した雲から降る大粒の雨まで千差万別です。
余談ですが、直径8mmを超えるような雨粒はこれまで観測されたことがないようで、それは空気中を落ちてくる間にその抵抗によって分裂してしまうからだそうです。
まあまあ、そんな大きなものは考えずに、ここは標準的な大きさである直径2mm(2000μm)で考えてみましょう。

直径2mm(半径1mm)の雨粒の体積は、
  (4/3)πr3 = (4/3) × 3.14 × (10-1)3[cm3]
        = 4.18×10-3[cm3]

一方で、1m2あたりに1mmの雨が降った場合の体積は
 102×102×10-1 = 103[cm3]

・・・高さ1mm、大きさが1m2なんて、箱で考えてもごくごく薄っぺらなもんですが、これに雨が溜まるのに何個必要か?ってことです。

計算してみると、
103/(4.18×10-3) = 2.39×105

およそ24万個。
これが1時間の間に降ると思っても膨大な数の雨粒が必要なんだな...と思いますわ。
ちなみに1時間の間に降る強さが変わらないと仮定すると、1秒あたりに換算しておよそ66個の雨粒が必要になるってことになります。
1mm、1mmと言ってもやっぱり多い気がする。

これが倍の大きさの直径4mmの雨になるとどうなるかと言うと、さっきの計算で1秒当たり8.3個ということになる。
これくらいなら現実的な気がしてくる。

で結論なんですが、ぱらぱらと一瞬降るぐらいじゃそもそも時間降水量が1mmにも満たないってことをいいたい訳です。

---
ここまでの話だとエキサイトの記事とは「ぱらぱら」ぐらいしか話が合っていませんな。

ま、例えばですねぇ。これからの時期、特に冬型の気圧配置のときで日本海上にびっしりと筋状の雲が並んでるようなときは、日本海沿岸や一部太平洋側まで雲頂高度の低い層積雲から雨や雪がもたらされます。

いやいや、本格的に降るのではなく、黒い低い雲が覆ったな...と思ったら雨や雪がさーっと降り、おいおい降ってきちゃったよ...と思ったら急に雲が切れて晴れ間が見えちゃったりとか。そんな場合ですよ。
上空の風が強いときは特に雲が覆うタイミングと雨や雪が降るタイミングが合わない、、、なんてことがあります。流れてきた雲が雪や雨を落とし、それが地上に到達する前に風下に流されてしまった、、とかとか。
[PR]
by y_hirarin5 | 2007-11-15 23:16 | Excite Bit コネタ(気象ネタ)

雲の種類:乳房雲

とてもキケンな「雲のおっぱい」 Excite Bit コネタ

 あ〜、そこそこ、やたらおっぱいを強調しないの!!
と突っ込みたくなる記事です。
まぁ面白いっちゃ面白いけど...。

「雲のおっぱい」とか言ってますが、乳房雲と言います。
こんな感じの雲です。↓

【2006年9月10日14時52分】
@愛知県名古屋市春田

JR関西線春田駅から南の空を撮ったものです。
雲の底がぽっこりと丸く突き出していますが、これが乳房雲です。
この日はお昼くらいは晴れていたので、新しく買ったロードバイクでお出かけをしたら、みるみるうちに曇ってきて、西から黒い積乱雲が迫ってくるのが見えまして。
直感的に、「あ、まずい」と思いちょうど近くに春田駅の高架下で休めるところがあったのでそこへ避難したら、5分後ぐらいにものすごい大雨が降り出しました。
で、これは雨が降り出す直前ぐらいのものです。

乳房雲は、上層雲である巻雲や巻積雲、中層雲である高積雲、下層雲である層積雲や積乱雲の下に部分的に見られる雲で、雲内部の激しい対流により雲の底が乱れることで現れる雲です。

雲自体が黒くなるような厚い雲で、雲の底がこんな風に乱れていたら、すぐに雨宿りができるところを探した方がよいです。
[PR]
by y_hirarin5 | 2007-10-31 00:01 | Excite Bit コネタ(気象ネタ)

とりあえずメモ

Excite Bit コネタの気象に関する記事に適当にコメントしようと思ってます。

で、ちょっとメモ代わりにここに書き留めておこうと思って始めましたが、すごい数。
『私がなるべくコメントできそうな気象に関係する記事』という独断と偏見で選んだにも関わらず!です。(汗)
ここ最近は1ヶ月に1つ程度ですが、2つや3つある月もあり..。
えぇえぇ、なるべくなら全部にコメントしたい、、、、いやいやしますよ。

それにしても、記事を選びながら斜め読みをしてましたが、なるほど、よく調べているし、話の運び方も面白いし、それに注意を惹くタイトルの付け方をよく知っているな〜、、というのが感想です。

日頃は無味乾燥な感じで雲日記を付けていますので、たまにはこういうのにもコメント付けたいですね〜。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◇ 「理科年表」で涼む!?(2007年8月16日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091187225864.html

◇ カタツムリが真夏に天気予報!?(2007年7月16日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091184424584.html

◇ どうなる? 今年の富士登山(2007年6月27日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091182829520.html

◇ 春は「暖かい」でいいのか(2007年4月28日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091177680492.html

◇ こんな「予報用語」はいかが?(2007年4月20日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091176813773.html

◇ 入学式、桜は咲いていましたか?(2007年3月30日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091175216524.html

◇ 「降水確率100%」は大雨か?(2007年3月23日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00031174565142.html

◇ 特異日は本当に“特異な”日なのか?(2007年2月27日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091172536961.html

◇ 雪の結晶の美しさ満載『スノーフレーク』( 2007年1月14日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091168425888.html

◇ 「池のコイが飛び跳ねると雨が降る」を検証してみた(2006年12月12日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091165409713.html

◇ 行楽に行こかやめよか、何時に決めればいいの?(2006年12月7日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091165409549.html

◇ 雪の降らない「初冠雪」、これいかに?(2006年10月23日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091161497113.html

◇ 「コリオリ力」を体験してみた(2006年9月12日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091157954260.html

◇ 日本一暑いのは、やっぱ大阪か?(2006年9月5日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091157339613.html

◇ 夏の日中、閉め切った部屋は何℃になっているのか(2006年8月23日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091156211662.html

◇ 熱中症・熱射病・日射病、どう違う?(2006年8月3日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091153671128.html

◇ とてもキケンな「雲のおっぱい」(2006年6月27日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091151371614.html

◇ 梅雨入り&明け、そもそもなんで発表するの?(2006年6月20日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091150648503.html

◇ 雨粒の形は“あんパン型”だった(2006年6月12日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091149847859.html

◇ 「週末ばかり雨」は、気のせいか(2006年5月25日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091148145404.html

◇ 夕焼けの翌日は本当に晴れか(2006年5月22日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00031148045981.html

◇ レアな天気記号を探せ!(2006年5月2日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091146532285.html

◇ 晴れているのに雨がパラパラ……お天気雨の正体とは(2006年4月27日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091146021493.html

◇ 冬に湧水が枯れちゃうってホント?(2006年3月12日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091141882650.html

◇ 黄色い「氷壁」を見てきたよ(2006年3月4日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091141344585.html

◇ 「生まれた日の新聞」に続け! メモリアルひまわり画像(2006年3月1日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091141121046.html

◇ 雪の結晶の秘密を探ってみた(2006年1月28日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091138341214.html

◇ 空に見える雲は何km彼方の雲だろう?(2006年1月15日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091137149229.html

◇ 天気予報の「雨時々止む」とは?(2005年11月25日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091132849434.html

◇ 野球用語が天気予報の世界にもある(2005年10月20日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091129711706.html

◇ アメリカの虹の色は六色だった(2005年9月28日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091127807434.html

◇ 台風の「暴風域に入る確率」の使い方(2005年9月23日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091127351147.html

◇ 「宇宙天気予報」って知ってる?(2005年9月14日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091126579731.html

◇ 台風で足止めでも安心の「風割」とは?(2005年9月6日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091125920381.html

◇ 台風上陸数1位は沖縄県じゃなかった(2005年8月27日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091125041642.html

◇ 天気予報の最高・最低気温は日中と夜間に分けていた(2005年8月16日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091124090504.html

◇ お部屋の中で虹が楽しめる「虹製造機」(2005年8月2日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091122887842.html

◇ 大型台風の「最大風速」を体験してみた(2005年7月27日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091122368191.html

◇ 一般人がもらえる「お天気証明書」って何?(2005年3月22日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091111142952.html

◇ 過去10年間、東京のイブはほぼ「晴れか曇り」(2004年12月22日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091103607490.html

◇ 春と秋はどちらが寒いのか(2004年12月2日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091101872348.html

◇ 戦争が生んだ天気予報とカーディガン(2004年11月4日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091099275119.html

◇ 西日本の水源は梅雨、東日本は台風と秋雨(2004年10月13日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091097556656.html

◇ 秋はいつから始まったのか?(2004年10月6日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091096958006.html

◇ 夏の東京はもともとジャングルと同じ気候だった(2004年9月9日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091094612153.html

◇ 天気の生活指数は気象庁の規制をくぐるために生まれた(2004年7月7日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091088745325.html
[PR]
by y_hirarin5 | 2007-09-21 23:11 | Excite Bit コネタ(気象ネタ)